2020年 5月 29日 (金)

海外メディアに変化?「安倍スキャンダル」はこれからが「満開」!(井津川倫子)

印刷

   数々の疑惑が噴出した「桜を見る会」の真相が見えないまま、臨時国会が閉会になりました。

   与党側からは、

「逃げ切った!」
「これで、『桜問題』はすぐに忘れられるだろう」

といった安堵の声も聞こえるようですが、果たして世間の反応はどうでしょうか? 海外の報道を見る限り、「安倍スキャンダル」は、まだまだ忘れられる気配はなさそうです。

  • 「桜を見る会」で「安倍スキャンダル」は満開!(写真は、安倍晋三首相。2017年9月撮影)
    「桜を見る会」で「安倍スキャンダル」は満開!(写真は、安倍晋三首相。2017年9月撮影)
  • 「桜を見る会」で「安倍スキャンダル」は満開!(写真は、安倍晋三首相。2017年9月撮影)

空気が一変した「シュレッダー発言」

   海外メディアは「桜を見る会」にこれまでも関心を示していましたが、空気が一変したのは安倍晋三首相の「あの」国会答弁でした。

   招待者名簿を内閣府が廃棄していた問題で、担当職員が「障害者雇用」であると言及。名簿廃棄と障害者雇用を関連付けた「配慮を欠いた発言」だと国内でも非難を浴びましたが、これを海外メディアが大きく取り上げたからです。

The strange tale of Japan's prime minister, official documents and a very large shredder
(公文書と巨大シュレッダー、日本の首相の奇妙な話:The Washington Post)

Japan PM Slammed for Revealing Operator of Document Shredder in Scandal Was Disabled
(日本の首相が、スキャンダルになっている書類の廃棄を障害者が担当したと明かして、強く非難されている:The New York Times)
be slammed:強く非難される

   私も安倍首相の国会答弁を聞いて、驚きのあまりひっくり返りそうになりましたが、あの発言は完全にNGでしょう。担当者が「障害者雇用」であることはまったく問題の本質と関係ありません。「海外だったらボコボコに叩かれるだろうな」と思っていたら、案の定、複数の海外メディアが即座に反応しました。

   人権問題により敏感な海外メディアが、障害者を差別するような安倍首相の発言を問題視したのは当然でしょう。

   なかには、「最悪の言い訳」と強く非難した記事もありました。「言ってはいけないこと」の一線を越えた発言だと受け止められたようです。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中