2020年 2月 27日 (木)

「キャッシュレス社会」賛成派増えるも、Pay業界は再編の嵐でどうなる!?

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   LINEが展開するLINE Payが、Yahoo!系のPayPayと同じZホールディングス傘下に入ることに加えて、2020年1月23日にはメルカリのキャッシュレス決済子会社、merpayがOrigamiPayを買収すると発表。スマートフォン決済サービスを展開するPay業界は、再編の嵐が吹き荒れている。

   その一方で、「キャッシュレス社会」の到来に、賛否が二分していた利用者側は、この2年で「賛成」派が大きく増加して、賛否が逆転。スマホ決済サービスの浸透がうかがえる。

  • 「キャッシュレス」に対する意識は2年間にかなり変化した
    「キャッシュレス」に対する意識は2年間にかなり変化した

現金利用、5割近くが「減っている」

   博報堂生活総合研究所が行った「お金に関する生活者意識調査」(2019年11月)で「キャッシュレス社会」について全国の20~69歳の男女3900人を対象に、「『キャッシュレス社会』になったほうがよいか?」聞いたところ、63%が「なったほうがよい」と回答。「ならないほうがよい」は37%で、賛成が多数を占めた。

   2年前の17年11月調査(全国3600人が対象)では、「なったほうがよい」は48.6%、「ならないほうがよい」が51.4%で、拮抗しながらも反対が多かった=下図参照

   この2年の間に、キャッシュレス手段が多様化するなどの変化があり、それに合わせて消費者の意識も変化したことがうかがえる。

kaisha_20200207180927.jpg

   男女別でみると、男性の69.2%、女性の56.8%がキャッシュレス社会に「なったほうがよい」と回答。前回調査では、それぞれ58.7%、38.5%で、女性ほうが反対派が多数だったが、この2年で女性の賛成派も5割を超えた。

   また、年代別でみると、前回調査では賛成派が多数だったのは50代(50.5%)だけだったが、今回調査では、20~60代のすべての年代で賛成が反対を上回った。

   実際の支払い手段は、変化したのかどうか――。最近2~3年の支払い手段の変化について聞いたところ、現金の利用が「増えている」との回答が10.7%だったのに対して、「減っている」が48.8%だった。

   「キャッシュレス化」は進んでいるようで、クレジットカードの利用でみると、「増えている」の45.3%に対して、「減っている」は6.2%、電子マネーは「増えている」が37.3%、「減っている」が6.8%だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中