2020年 6月 6日 (土)

【日韓経済戦争】新型コロナが爆発的に広がる韓国 感染の元凶「新興宗教」のトンデモ正体 韓国紙で読み解く

印刷

   当初、メディアの中には新型コロナウイルス感染が広がる日本を「危険地域に指定すべきだ」「クルーズ船はウイルス培養船だ」と冷笑していた韓国に新型肺炎が爆発的に広がっている。

   ついに感染者数、死亡者数ともに日本を上回り、世界2位の感染国になってしまった。その背景には、新興宗教がかかわっているという。いったいどんな教団か。その正体を韓国紙から探ると――。

  • 密集して礼拝する「新天地イエス教会」信者(ハンギョレ2020年2月21日付)
    密集して礼拝する「新天地イエス教会」信者(ハンギョレ2020年2月21日付)
  • 密集して礼拝する「新天地イエス教会」信者(ハンギョレ2020年2月21日付)

感染者が国会を歩き回り「ひっくり返った」政界

   韓国で爆発的に新型コロナウイルス感染が広がり、ついに日本を追い越して中国に次いで世界2位になったことを、聯合ニュース(2020年2月26日付)「新型コロナ感染者1000人超 9割以上が大邱・慶尚北道」が、こう伝える。

「韓国の中央防疫対策本部は2月26日、この日午前9時までに新たに169人の感染が確認されたと発表した。韓国での感染者数は計1146人となり、1000人を突破した。また、感染者から新たに1人の死者が出て、韓国での死者は11人に増えた。感染者は、新興宗教団体『新天地イエス教会』の大邱(テグ)市にある施設での礼拝に参加した信者と、慶尚北道(キョウサンプクト)・清道(チョンド)郡の病院の患者を中心に大邱・慶尚北道地域に集中している。新たに確認された感染者169人のうち、153人は両地域で発生した。これにより、大邱・慶尚北道地域での感染者は計944人となった」

   新たな感染者の9割以上が大邱・慶尚北道地域に集中しているが、これらの感染の元凶とみられているのが「新天地イエス教会」という宗教団体だ。

   この宗教団体については、のちほど説明するが、1月20日に最初の感染者が出て以来、2月20日まで小康状態だったが、21日以降、一気に倍々ゲーム的に感染者が急増。国会、裁判所、学校、保育園、博物館、スポーツ施設などが全面的に閉鎖される事態になった。

   特に、4月に総選挙を控えて文在寅(ムン・ジェイン)政権の与党・共に民主党と野党の保守系各党が激しく論戦を繰り広げていた政界は「ひっくり返った」(ハンギョレ紙)というパニックに陥った。2月19日に国会の討論会に出席した参考人の1人が感染者とわかったからだ。参考人は、国会議事堂本館だけでなく、挨拶のために各党控室、議員会館まで訪問していたからたまらない。国会周辺を全面消毒する大騒ぎになった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中