2020年 4月 10日 (金)

今年の新社会人の特徴は? 調査でわかった「デジタルネイティブ」の光と影

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   まもなく始まる新生活シーズン。2020年度もここ数年と同じくらいの、約90万人の新社会人が誕生する。

   そんな就職内定者を対象に、企業向けに社員研修や人材育成・教育サービスを提供しているラーニングエージェンシーが実施した意識調査によると、9割以上が仕事に高い意気込みを持っている一方、感じている不安や懸念の6割以上が「仕事についていけるか」など、自分の能力についてだった。

  • 「デジタルネイティブ」が抱える不安とは?
    「デジタルネイティブ」が抱える不安とは?

「自分の能力で仕事についていけるか、不安......

   調査によると、「これからの仕事に対して『やるぞ!』という気持ちを、どの程度持っているか?」との問いに、「(『やるぞ』という気持ちが)80%」ある人が29.0%と、最も多かった。

   次いで、やる気満々の「100%」が28.4%、「90%」が20.0%、「70%」の14.7%と続いた。「70%」以上の回答者の割合は92.1%だった。

   2019年10月15日~11月27日という調査の実施時期を考えると、「フルチャージはまだ先」ということだろうか。「やる気」が「60%」以下と答えた人は7.9%だった。

   「やるぞ!」の気持ちについて「100%」以外の回答を選んだ内定者に、その理由(複数回答)を聞くと、最も多かったのは「自分の能力で仕事についていけるか不安があるから」で、66.5%が回答した。次いで「生活や環境の変化に不安があるから」の49.1%、「職場メンバーとうまくやっていけるか不安があるから」が30.1%となり、トップ3。4位の「内定先の制度や待遇に不安があるから」(4.3%)以下を引き離した。

   環境の変化や新しい人間関係についてより、自分の能力が職場に適合するかどうかを気にしていることがうかがえる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中