2020年 10月 26日 (月)

イマドキの就活生「同一労働同一賃金」に反対! そのワケは?

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   2021年卒業予定の大学生は、「副業やテレワークができる」ことよりも、「男女に関わらず育児や介護と両立できる働き方」を望んでいることが、新卒紹介事業の株式会社DYMの調べでわかった。「同一労働同一賃金」に、「賛同できない」とする人も多数いる。

   2019年4月に「働き方改革関連法」が施行されてから、多くの職場が変化している。大企業を中心に、副業解禁やテレワークの推進などの取り組みが強まっているほか、この4月からは「同一労働同一賃金」がスタート。正社員と非正社員との不合理な待遇差を設けることが禁止される。

  • イマドキの就活生、「仕事もプライベートも充実させたい」思い強く……
    イマドキの就活生、「仕事もプライベートも充実させたい」思い強く……
  • イマドキの就活生、「仕事もプライベートも充実させたい」思い強く……

「仕事もプライベートも充実させたい」思い強く......

   調査で、「企業に入社する際に重視すること」(複数回答)を聞いたところ、1位が「残業時間の上限規制」で54.9%。2位が「男女に関わらず、育児や介護と両立できる業務制度の推進」の52.2%だった。これは3位の「テレワーク、リモートワーク」(37.8%)や、4位の「副業やダブルワーク、トリプルワークの推進」(30.2%)を大きく上回っている。

   多くの学生が、就活時から将来の結婚や育児、介護などのライフイベントについて考える傾向にあり、会社の仕組みに自分たちを合わせるのではなく、「仕事もプライベートも充実させたい」という思いが読み取れる結果となった。

   また、「働き方改革で賛同できないもの」(単一回答)を聞いてみると、「正社員、派遣、アルバイトやパートなど、雇用形態にかかわらない同一労働同一賃金化」が34.9%を占め、圧倒的な1位となった。

   その理由として、

「賃金が一緒なら正社員である必要がない」
「責任が違うため区別はするべき」
「能力に応じて給料が決まるのは当たり前」

というような意見が目立った。

   これから正規雇用を目指す就活生は、「苦労して正社員になったからには、そのポジションに優位性が欲しい」という意識が強いようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中