2020年 9月 29日 (火)

「オンライン社内飲み会」に就活生を招待 ウェブ説明会の「伝わらない」「物足りない」を補う

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   感染が拡大する新型コロナウイルスは、企業がこの3月にスタートした2021年春に卒業する学生の採用活動にも影響を与えている。

   1か所に就活生を集める説明会や対面で行う面接を中止して、ウェブに切り替えるケースが増えている。三重県四日市市のサンエイ工務店では、そんなウェブの利用を一歩進めて、「オンライン社内飲み会」に就活生を招待。そのアイデアに注目が集まっている。

  • サンエイ工務店本社と山下友和社長
    サンエイ工務店本社と山下友和社長
  • サンエイ工務店本社と山下友和社長

セミナー会場を急きょキャンセル

   サンエイ工務店の就活生を招いた「オンライン飲み会」が開かれたのは、2020年3月17日の19時から約1時間。会社側からは同社が中核になっているサンエイグループの山下友和社長のほか社員6人の計7人が出席。就活生は、就活サイトを通じて事前に予約した3人(男性2人と女性1人)が参加した。

   同社のこれまでの新卒採用は、3~4月に4回か5回、名古屋の施設でセミナーを行い、インターンシップや面接に進むという流れだった。ところが今回の、来春卒業の就活生の採用は、スタート時期と前後して、新型コロナウイルスによる感染拡大が加速。予定していた会場を使ってのセミナーをキャンセルし、他の企業と同じように急きょウェブによる採用活動に切り替えた。

   慌ただしく作業を重ね、3~4月に計4回、ウェブを使った説明会を設定。「オンライン飲み会」に参加した就活生は、3月のオンライン説明会に参加した3人だった。

   採用担当の営業部の橋本美紀さんによると、同社が採用でウェブを使ったのは今回が初めて。会場で就活生とリアルに接するのと違って、ウェブではうまく会社の考えを伝えられていないとの感触をもっていた。就活生側も、物足りなさを感じていることが伝わってくる。ウェブだけの説明会ではカバーできないところを補える何かサブチャンネルはないかと検討していたところ、山下社長が就活生を交えた「オンライン飲み会」を提案したという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中