2020年 6月 5日 (金)

新型コロナで「大誤算」!? 王室を離脱したメーガン妃を待ち受ける「終わった人」への危機(井津川倫子)

印刷

   世界中に新型コロナウイルスの感染が広がるなか、2020年3月31日、ハリー王子とメーガン妃が英国王室の公務から正式に引退しました。

   突然の「王室離脱宣言」から4か月。当初のフィーバーぶりがウソのように、海外メディアでもあまり報じられることなく、「ひっそりと」引退した夫妻ですが、新型コロナの影響で「離脱計画」が狂ったと報じられています。

   果たして、メーガン妃を襲った「大誤算」とは......。

  • チャールズ皇太子も感染、コロナ禍に見舞われる英国(写真は、ロンドン)
    チャールズ皇太子も感染、コロナ禍に見舞われる英国(写真は、ロンドン)
  • チャールズ皇太子も感染、コロナ禍に見舞われる英国(写真は、ロンドン)

メーガン妃、「女王代理」のチャンスを逃した?

   新型コロナウイルスの猛威が、英国を襲っています。感染は首都ロンドンを中心に爆発的に広がっていると報じられていますが、王位継承者のチャールズ皇太子者が感染したというニュースには、さすがに衝撃が走りました。

   幸い、チャールズ皇太子は軽症で回復に向かっているようですが、世間の関心は何といってもエリザベス女王の安否です。御年93歳の高齢とあって、

「コロナから女王を守れ!」
「とにかく女王に感染させるな!」

のムーブメントが起こり、エリザベス女王はロンドンを離れて郊外のウインザー城に「自主隔離中」です。

   しばらくは、孫のウイリアム王子夫妻が「女王代理」として公務を代行する機会が増えるようですが、ここにきて英王室を離脱して、米ロサンゼルスに住む弟のハリー王子が「罪の意識」にさいなまれていると英タブロイド紙が報じました。

Prince Harry feels guilty about leaving his family as he heads to L.A
(ハリー王子は、家族を残してロサンゼルスに向かったことに罪の意識を感じている:英紙The Sun)
feel guilty:罪の意識を感じる

   エリザベス女王とチャールズ皇太子が「自主隔離」をして公務を自粛するなか、本来であれば、ハリー王子夫妻は兄のウイリアム王子夫妻と手分けをして公務を代行する立場です。ところが、コロナの影響で米英両国の出入国が禁止されているため、愛する家族の一大事に故郷に戻ることすらできないはめに!

   ハリー王子は、遠く離れた米国で何もできない自分に「罪悪感を覚えている」というのです。

   その一方で、英国民の反応はじつに「あっさり」していました。

   「コロナで大変な時にこそハリー王子夫妻に戻ってきてほしい」といったコメントもありましたが、大半は「自業自得でしょ」と......。とにかく、国中が生きるか死ぬかの危機に面しているなかで、ハリー王子夫妻のことなど気にする余裕はない、というのが本音でしょう。

   なかには、「メーガン妃が、せっかくの女王代行のチャンスを逃した」と揶揄する報道も。あのまま王室に残っていたら、女王に代わって公務で活躍する場が増えていたはずです。晴れ舞台が大好きなメーガン妃にとって、「まさかの大誤算」だったと伝えていました。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中