2020年 12月 3日 (木)

【株と為替 今週のねらい目】新型コロナ封じ込めに「ステイホーム」 焦点はGW明けに......(4月27日~5月8日)

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   日本で、ゴールデンウイーク(GW)が始まった。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、今年は「ステイホーム」週間と名付けられた、「正念場」の2週間だ。

   米国では新たな感染者数がほぼ横バイで推移するようになって、経済活動が再開に向けてジワリと動き出している。それにより景気の悪化懸念が和らいできた。一方、2020年4月20日に米ニューヨーク原油先物5月限(WTI)が史上初めてマイナスとなり、原油市況が株式市場の波乱要因となったものの、それも落ち着きを取り戻している。

   とはいえ、コロナ禍は引き続き株式や為替市場の懸念材料だ。どうなる? 今週の株式・為替マーケット!

  • ここが正念場! ゴールデンウイークは「ステイホーム」(国立感染症研究所)
    ここが正念場! ゴールデンウイークは「ステイホーム」(国立感染症研究所)
  • ここが正念場! ゴールデンウイークは「ステイホーム」(国立感染症研究所)

東京株式市場 緊急事態宣言、延長か否か!?

日経平均株価予想レンジ:1万90000円~1万9800円

2020年4月24日(金)終値 1万9429円00銭

   今週(4月27日)から5月8日までの東京株式市場の日経平均株価は、1万9000円台でもみ合う展開になりそうだ。

   前週の日経平均株価は、3週ぶりに下落した。原油先物価格が史上初めてマイナス価格となったことが嫌気された。加えて、北朝鮮の金正恩委員長の健康不安報道も懸念材料となった。米国で中小企業向け追加救済策の成立の流れができたことや原油価格の反発、日本銀行の追加金融緩和の観測で一時反発する局面もあったが、日経平均株価の上値は重かった。

   今週の日経平均株価は、ゴールデンウイーク(GW)入りで市場参加者が減少することから1万9000円台でのもみ合いが予想される。新型コロナウイルス関連では、米国の経済活動再開への期待感が下値を支えているものの、引き続き、楽観視できない状況で日経平均株価の上値を抑えている。

   5月6日を期限としている政府の緊急事態宣言が延長されるか否かの判断が下される可能性があり、大きな焦点となりそう。また、27日には日銀、28日からは米連邦公開市場委員会(FOMC)と日米の金融政策に関する会合があり、加えて、重要経済指標の発表もあることから注意が必要だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中