2020年 11月 28日 (土)

【ステイホームは本を読む!】コロナ疲れ? こんな時には「ゆるふわ」で自分らしさを見つけてみよう(尾藤克之)

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   小さな広告デザイン会社に勤めるOLの真美子は、がんばってるのに、仕事も恋もうまくいかない日々に焦りを感じていました。

   自分を愛することができず、閉塞感でいっぱいの日々を送っていたある日、高校の同級生でアロマセラピストとして活躍する友香に偶然再会します。この再会をきっかけに、真美子の人生が幸せの方向へと大きく動き始めます。

「あなたに奇跡と幸運があふれだす『ゆるふわ』の魔法」(葵井美香子著)PHP研究所
  • こんな時だから「ゆるふわ」で自分らしく過ごそう!
    こんな時だから「ゆるふわ」で自分らしく過ごそう!
  • こんな時だから「ゆるふわ」で自分らしく過ごそう!

ところで、「ゆるふわ」ってなに?

   それから、間もなく友香から「ゆるふわ」で幸せになるための生き方のレッスンを受けることになります。2人のレッスンは、3週間に一度、お気に入りの紅茶専門店で行われます。

   キーワードは「ゆるふわ」。心と体が「ゆるっとふわっと」軽やかでリラックスした状態になると、魔法がかかったように、自然と物事がうまくいくようになるのです。

「どうも気乗りしない」
「なんだか、かったるい」

   それでも誘われると断れない人がいます。「嫌われたらどうしよう」「気まずくなったら困る」。そんな不安から断り切れずに流されてしまうのです。しかし、心の底ではいまの自分に葛藤があるはずです。変化したいのなら実行しかありません。

   じつは、著者の葵井美香子さんが本書の中で使用している「ゆるふわ」とは、いまの自己肯定感に近いものです。自己肯定感が低いために、自分よりも他人のことを優先してしまうのです。それが断れない行動として表れてしまいます。

   まずは自分の行動を自覚することが大切でしょう。

   人は生活していく中で問題が発生すると、人はネガティブな意識に陥りやすいものです。しかし、問題が発生したことを必然と考えて「これは自分らしく生きるために必要だったことだ」と、思うと成長があります。自分軸で生きていると、何か問題が起きたときも「成長するために必要だった問題」として前向きにとらえることができます。

   本来、問題は起こしてはいけないものとして理解されますが、実際には問題をゼロにすることはできません。問題を起こしてはいけない=「絶対にミスをしてはいけない」という意識に近いものです。

   強すぎると強迫観念になってしまい意識や行動が阻害されてしまいます。そうなると、ミスを恐れるがあまりミスをしないような行動しかとれなくなります。

   しかし、

「自分らしく生きるメッセージだ」
「この問題は必要なことだ」

と考えれば肯定しやすくなります。

   自己肯定感が高まれば、「自分はどうあるべきか?」という問いが生まれます。迷ったとき、問いは自分を前に進めるきっかけを与えてくれます。

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所客員研究員
代議士秘書、大手コンサルティングファームで、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事。IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/故・橋本龍太郎元首相夫人)を運営。NHK、民放各社のテレビ出演、協力、経済誌などの掲載多数。著書は多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。
経営学修士、経済学修士。東京都出身。
https://amzn.to/2vPNTze
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中