2020年 7月 13日 (月)

【投資の着眼点】誰が「トク」したのか? 史上初! 原油先物の「マイナス」価格、そのとき投資家は......

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   日本時間の2020年4月21日未明。この日、商品先物市場は歴史的な瞬間を観測した。なんと、米国で取引されている原油先物が「マイナス」の価格で取引されるという異常事態が発生したのだ。

   原油価格が「マイナス」で取引されるということは、すなわち、「お金を払って原油の在庫を引き取ってもらう」ことを意味する。いったい、この日なにが起きたのだろうか――。

  • 誰がトクしたのか!? 原油価格がマイナスに……(写真は、石油精製所)
    誰がトクしたのか!? 原油価格がマイナスに……(写真は、石油精製所)
  • 誰がトクしたのか!? 原油価格がマイナスに……(写真は、石油精製所)

原油のマイナス価格はなぜ起こった?

   この「歴史的瞬間」が起きたのは、日本時間の深夜のことで、TwitterなどのSNS上では、原油相場をチェックしていた個人投資家が、自身の証券口座の価格チャートがマイナスの価格を付ける瞬間を写真に収めて、アップするといった光景がみられた。

   筆者はといえば、その時間には眠っていたため、ある意味記念すべき瞬間に立ち会えなかったのは残念だった。

   ところで、筆者の知り合いに「いくらなんでも安すぎるから、下げ止まるだろうと思って買い向かったけど、結局下がり続けて10万円負けたよ」と言っていた人がいた。

   商品先物取引は、取引の「期限」が存在する。今回、史上初となるマイナスの価格をつけたWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエット)原油先物5月限は、現地時間で4月21日が取引最終日だった。

   現在、中国・武漢市を発端とする新型コロナ・ウイルスの感染拡大を受けて、世界的に経済活動が低迷している。米国も例外ではなく、経済活動が低迷する影響で、原油の需要は大きく減った。そのため、物理的に備蓄の限度を超えて不要となった原油在庫が、取引最終日を目前に買い手の付かない中で投げ売りされた結果、このような史上初の下落を記録したと考えられているようだ。

   今回、原油価格がマイナスとなったのは、米国で上場されている原油先物だったが、この取引に関わっていたのは、米国人だけではなかったとみられる。米国の主要な金融メディアであるブルームバーグ通信の報道によると、中国の大手国有銀行である、中国銀行の原油先物関連商品で個人投資家が被った損失は、推計で1000億円に到達したようである。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中