2020年 8月 9日 (日)

【尾藤克之のオススメ】何でも持ち込みできる期末テスト!? あなたはなにを持ち込みますか

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「いまの時代は、「成功/失敗」「勝ち/負け」「得/損」などの二元論の傾向が強くなっています。

   しかし、本当の人生はもっと広く深く、素敵で楽しく、愉快でシャレのきいた遊園地のような場所のはずです。人生における楽しいこと、悲しいこと、笑えること、つらいこと、希望を感じること、絶望感にどっぷり浸かること、これらの状況に一喜一憂しすぎてはませんか。

「人生、真面目に生きるほどヒマじゃない。」(大塚慎吾著)きずな出版
  • 試験勉強、どうにかならないかなぁ……
    試験勉強、どうにかならないかなぁ……
  • 試験勉強、どうにかならないかなぁ……

試験会場に持ち込んだものとは?

   大塚さんは大学の卒業単位がギリギリだったそうです。1年のときには8単位しか取れずに「エイトマン」というあだ名をつけられ、2、3年のときはカンニングを駆使してなんとか4年で卒業できるか瀬戸際でした(じつは、大塚さんは有名大出身です)。

   4年生の最後のテスト期間中に、苦手な教科のテストを迎えようとしていました。その教科を落としてしまうと卒業が危ういという状況です。しかし大塚さんは、テストの条件のなかにある一文を見つけます。それは「何でも持ち込み可」というものでした。

   大塚さんは、こう振り返ります。

「僕がリサーチをしたところ、友人の多くは、『教科書を持ち込む』『自分で書いたノートを持ち込む』などと話していました。ただし、自分が同じことをしても単位は取れないだろうということは予想がつきました。僕は考えました。どうすれば、何を持ち込めば、単位を取ることができるのか」

   とにかく、考えたそうです。

   そんなとき、「学食に行くとそこに同じクラスの高橋くんがいました。高橋くんはすごく勉強ができるわけではないのですが、クラスの中でも真面目なほうです。『おい、高橋!腹減ってないか?』と聞くと、まだ昼食をとっていなかったらしく『お腹すいているよ』と返します。『じゃあ、きょうは俺が焼肉定食おごってやるよ!』と話しました」。

   高橋くんはあからさまにいぶかし気な表情を見せました。なにか裏があると思ったに違いありません。しかし、焼肉定食の誘惑には勝てませんでした。美味しそうに一気に平らげてしまったのです。そして、大塚さんは完全に食べ終えたのを確認してから、こう切り出したのです。

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所客員研究員
代議士秘書、大手コンサルティングファームで、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事。IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/故・橋本龍太郎元首相夫人)を運営。NHK、民放各社のテレビ出演、協力、経済誌などの掲載多数。著書は多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。
経営学修士、経済学修士。東京都出身。
https://amzn.to/2vPNTze
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中