2020年 11月 28日 (土)

「バッハ会長、東京五輪は中止」報道で浮き彫り! 始まった? 安倍首相vs IOCの「責任のなすり合い」(井津川倫子)

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   新型コロナウイルスの影響で2021年に延期された東京オリンピック・パラリンピックについて、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が、「21年の開催が無理な場合は中止とする」との見通しを示したと報じられています。

   海外でも注目を集めるこのニュース。日本では「とうとうバッハ会長が中止を言及!」と波紋を広げていますが、じつはバッハ会長は「中止は日本側の見解」との姿勢を強調。あわてて大会組織委員会の武藤敏郎事務総長が「火消し」に回りましたが、逆に海外メディアから反撃が......。

   何だか、東京五輪の行方をめぐって「責任のなすり合い」が始まったようです。

  • 2021年、TOKYOに五輪はやって来るのか!?(写真は、新国立競技場)
    2021年、TOKYOに五輪はやって来るのか!?(写真は、新国立競技場)
  • 2021年、TOKYOに五輪はやって来るのか!?(写真は、新国立競技場)

バッハ会長「安倍首相が『最後のオプション』発言」を強調!

   IOCのバッハ会長は、英国公共放送・BBCの単独インタビューに応じ、新型コロナウイルスの感染拡大が収束せず、2021年に東京五輪の開催ができない場合は、大会の中止もやむをえないという認識を示したと報じられています。バッハ会長が初めて「中止」に言及したとあって、各国メディアが大々的にこのニュースを取り上げました。

2021 is 'last option' for Tokyo Games - IOC president Thomas Bach
(2021年は東京五輪の「最後のオプションだ」とIOC会長のトーマス・バッハ氏が語った:仏AFP通信)

For the Tokyo Olympics, It's Summer 2021 or Bust
(東京五輪は、2021年の夏か「おじゃんになる」かのどちらかだ:米スポーツサイト)
bust : 砕かれる、破壊される、ダメになる

   あたかもバッハ会長が「21年に開催されなければ、東京五輪は中止になる」と発言したような見出しが躍っていますが、よくよくBBCのインタビュー記事を読んでみると、何だか発言のニュアンスが違います。

   バッハ会長は、21年開催が「最後のオプション」と発言したのは安倍首相だと明言。その発言を受けて、「安倍首相の考えは理解できる」、つまり「『再延期はない』と先に言い出したのは安倍首相だ」というスタンスを強調しているのです。

Bach said that Prime Minister Abe had made it clear to him that, as far as Japan was concerned, next summer was "the last option"
(バッハ氏は、安倍首相が「日本側としては、来年の夏が『最後のオプション』だ」と明確に彼に伝えた、と語った)

   そのうえで、「Quite frankly, I have some understanding for this」(かなり率直に言って、私はある程度理解できる)と「理解を示す」にとどめています。

   バッハ会長のこの発言に、あわてたのが日本側です。

   大会組織委員会の武藤敏郎事務総長は報道陣の取材に対して、「来夏に開催できない場合に中止という共通認識があるとは理解していない」と発言。安倍首相の「最後のオプション」発言についても、「両氏の電話会談に同席したが、記憶にない」と否定しました。

   バッハ会長と武藤事務総長、どちらが真実を語っているのかはわかりませんが、東京五輪の開催責任をめぐって、水面下での戦いが始まっているのは確かでしょう。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中