2020年 10月 31日 (土)

「なるべく働かずに生きる」限界集落ニート、山奥テレワークの参考にできるかも!

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   新型コロナウイルスの感染は、都市部でより拡大する傾向だった。そのせいか、会社の仕事のテレワーク化を背景に、郊外あるいは地方への移住を考えている人も少なくないらしい。なかには、人気テレビ番組「ポツンと一軒家」(テレビ朝日系列)に触発されて「山奥」を視野に入れている人もいるかもしれない。

   本書「『山奥ニート』やってます」は、テレワークや働き方などに関連して書かれたものではないが、読めばますます「山奥テレワーク」に傾いてしまうかもしれない。山奥に住むと、テレワークともども会社を辞めても、「ニート」がサバイバルのヘッジになることがわかるのだ。

「『山奥ニート』やってます」(石井あらた著)光文社
  • 「山奥ニート」は限界集落で都会的生活
    「山奥ニート」は限界集落で都会的生活
  • 「山奥ニート」は限界集落で都会的生活

「地方都市より都会的」な生活

   著者の石井あらたさんは、和歌山県田辺市の山奥にある限界集落で、ニートや引きこもりになった若者の居場所づくりをしているNPOの代表。自身も引きこもりから、この場所で暮らすようになった。その体験をつづったのが本書。生活の本拠地は「何十年も前」に廃校になった平屋建ての木造校舎。ここに15人の若者が暮らしている。

   限界集落ではあるが、その生活は「その辺の地方都市より都会的」。大いに寄与しているのは「通信の発達」。「電話にメールにブロードバンド」が使え、「都会と田舎の差はずっと小さなものになった」という。

   「ポツンと一軒家」的なロケーションも、現代では、立派にテレワークの候補地であることがわかる。

   元小学校の施設があるこの場所は、紀伊半島南部の山中で、最寄りの鉄道駅からクルマで2時間。周りに商店などはなく、徒歩圏内にほかに住んでいるのは5人だけで、いずれも高齢者。平均年齢は80歳オーバーだ。都会の暮らしに疲れているテレワーカーの中には、ますます絶好の場所にもみえて来ている人もいるだろう。

   都会的な暮らしも可能な山奥だが、実際に暮らしてみて、合うか合わないかは人それぞれ。著者がこの地に住んで5年になるが、その間、都会で一流企業に勤めていたという人が、近くに引っ越してきたことが何度かあったという。

   だが、その全員が1年以内に都会に戻っていったそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中