2020年 7月 14日 (火)

やる気が起きない...... 行動を起こすには馬力がいる! 「やるっきゃない」ときの対処法を伝授(くぼた茜)

印刷
毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   コロナ禍が続くなか、少しずつ社会の動きが変化してきました。以前とまったく同じとはいかずとも、数か月続いた生活とは違った環境になっている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

   その変化に「やっと行動できる!」と前向きな気持ちになる方もいれば、自粛生活のスタイルに馴染んで落ち着いていた方は「やらなきゃいけないのか・・」と重たい気分になる方もいらっしゃると思います。

   ストップしていた行動を再開するときには、少なからず負荷がかかり「やらなきゃいけないのはわかってる。でもやる気が起きない......」なんてことも。エンジンをかける時には馬力が必要です。

   そんな時、やる気が起きるのを待っていては、なかなか前には進めません。今回はやる気が起きない時にどうするか? の対処法をお伝えします。

  • 「この仕事を終えれば、ごちそうが待っている!」で頑張れる!
    「この仕事を終えれば、ごちそうが待っている!」で頑張れる!
  • 「この仕事を終えれば、ごちそうが待っている!」で頑張れる!

やる気が必要なのは「やりたくないこと」をやるとき

「モチベーションが上がらないんです」
「やる気が起きなくて......」

   そんなご相談は多く受けるのですが、まず何か行動を起こす時に「やる気を出そう!」と思わなければならないことは、そもそも「やりたいこと」ではありません。

   たとえば、趣味のスポーツをやる時や旅行に行く時、好きなテレビを見たり漫画を読む時にやる気を出そう! と思ったり、やる気が出たら行こう! と考えることはほとんどないと思います。やる気を出してゴロゴロするぞ~! とは、あまり思わないですよね。

   そのように、私たちは本当にやりたいことを行うときにわざわざ「やる気を出すぞ!」と思わなくても、自然と心がワクワクして、その行動に向かっているものです。

   つまり、やる気を出さないと始められない物事は、基本的には放っておいたら、なかなかやる気は出てきません。

   やる気が出たらやろう、と思っていると、他のやりたいこと(たとえば、本を読んだりゴロゴロしたりすること)に時間をとられて、どんどん後回しになって、気づけば記憶の片隅に......。まずは、そこを理解して認めていくことが大切です。

   では、どうすればやる気の出ない物事に手をつけていけるのでしょうか――。それは「気分に頼らずに手を付け始める」ことです。

   たったそれだけの、とても簡単なことのようですが、これまではオフィスに行けば自然とやらざるを得なかった「当たり前」も、自分自身できちんと管理しないといけないとなると、それが難しいこともあります。

くぼた 茜
くぼた 茜(くぼた・あかね)
1987年生まれ。Bloomer's Salon代表。ON+OFF認定メンタルトレーナー
10代から地方でモデルとして活動。その後、ユニット活動で海外・日本全国のイベントに出演したほか、テレビCMや雑誌・新聞などで活躍した。しかし上京後、芸能界で活動する中でさまざまな緊張やプレッシャー、人間関係などのストレス負荷を受け、耐えきれずに挫折。メンタルヘルスの大切さを実感した。その経験を生かして、現在はメンタルトレーナーとして活動している。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中