2020年 7月 12日 (日)

株に金、ビットコイン...... コロナショックで一番値上がりしたのはコレ!?

印刷
毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   2020年4月以降の金融市場は、株高が続きました。特に日本の東証マザーズ市場は毎日のように上昇が続き、コロナショック以前の高値を大きく超えるほどの上昇を見せました。

   米国では、IT企業が多いナスダックが史上最高値である1万ドルを突破するなどの歴史的な日も迎えました。6月11日に株式市場が下落に転じたことで、上昇相場も一服といったところでしょうか。

   一方、今回のコロナショックでビットコイン(BTC)は暴落したのでしょうか? 株式市場や金(ゴールド)と比べると、どうだったのでしょう? といった気になる動きを解説していきます。

  • コロナショックで一番値上がりしたのは株か、金か、ビットコインか?
    コロナショックで一番値上がりしたのは株か、金か、ビットコインか?
  • コロナショックで一番値上がりしたのは株か、金か、ビットコインか?

大暴落のビットコインはどうなった?

   コロナショックで、何が暴落して何が大きく上昇したのでしょうか――。下記の6つの金融商品を選び、暴落が発生した2月末から6月半ばまでの値動きを見てみましょう。

・日経平均株価
・東証マザーズ
・NYダウ平均株価
・米ナスダック
・金
・ビットコイン
ビットコインの値動きは?(出典トレーディングビュー)
ビットコインの値動きは?(出典トレーディングビュー)

   2月半ばに1BTC=110万円前後で推移していたビットコインは、コロナショックで40万円前半まで急落。一時は半値以下となるほどの落ち込みを見せました。しかし、その後2か月で107万円まで上昇し、上げ幅をほぼ埋めることとなりました。

   一番安定していたゴールドを除くと、底打ち後の上昇率は一時最高となるほどビットコインは上昇したのです。これは、NYダウ平均株価や日経平均株価よりも高いパフォーマンスとなります。

   では、なぜビットコインはそれほどまでに上昇したのでしょうか。上昇の要因は、主に(1)半減期(2)マイニング期の好転(3)新規マネーの流入、投資ファンドの存在 ――の3つ考えられます。

(1)半減期
まずは、このコラムで何度も書いていますが、5月にはビットコインの3回目の半減期がありました。過去には、半減期後に大きく価格が上昇したとあって、先走って買った投資家が多いと予想できます。
また、1BTC=40万円は2018年に200万円から価格が急落した後の安値圏であることから、「さすがに安過ぎる」とみて買った投資家も多いことでしょう。

   参考リンク:「上昇するビットコイン! その背景にある半減期とはなにか?」(2020年3月10日付、J-CAST会社ウォッチ)

ひろぴー
FX・仮想通貨トレーダー兼コラムニスト。
サラリーマントレーダーとして、「FXリアルトレード対決!」で優勝するなど、数多くの実績を残す。 現在はラジオ日経で投資番組のパーソナリティを務める傍ら、「ザイ!FX」や「みんなの仮想通貨」などのポータルサイト大手での執筆活動にも精力的に取り組んでいる。2015年からは仮想通貨の可能性に注目。仮想通貨への投資を開始した。香港系プライベートファンドにも運用している。
仮想通貨Webサイト:Bitcoin-FXも運営しており、仮想通貨情報発信も行っている。
・仮想通貨ブログ ビットコインFX:https://bitcoin-fx.jp/
・初心者もできる、ビットコイン・イーサリアム投資情報サイト:https://btc-eth.jp/
・Twitter:ひろぴーFX@仮想通貨@hiropi_fx
児山 将(こやま・しょう)
2009年の大学4年時にFXをはじめ、一度は飲食店の店長として働くも相場に関りたく金融メディア大手に就職。記事執筆とサイトのディレクションを行う。FX以外にも、株、指数、オプション、商品、仮想通貨など多岐に渡る商品を取引。現在はフリーランスとしてサイト制作やコンテンツ制作を行いながら個人投資家として活動する。
・Twitter:児山 将@goahead5055
・初心者でもできる、ビットコイン・イーサリアム投資情報サイト https://btc-eth.jp/
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中