2020年 12月 5日 (土)

東京五輪に暗雲? 新型コロナに感染したジョコビッチを世界中が「バカ者」と酷評するワケ(井津川倫子)

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   男子テニスの世界ランキング1位、ノバク・ジョコビッチ(33)が新型コロナウイルスに感染したことを公表。スポーツ界に激震が走っています。

   ジョコビッチが母国セルビアなどで主催した慈善大会で、参加した選手や家族らが相次いで感染。無観客ではなく、多くの観客が詰めかけ、選手同士がボディタッチをするなど、従来どおりの「完全」なスタイルの大会でしたが、改めてスポーツイベントの感染危険が浮き彫りなってしまいました。

   大会を決行したジョコビッチに批判が集まっていますが、果たして2021年の東京五輪は無事に開催できるのでしょうか?

  • ジョコビッチにテニス仲間が「バカ者」!(写真はイメージ)
    ジョコビッチにテニス仲間が「バカ者」!(写真はイメージ)
  • ジョコビッチにテニス仲間が「バカ者」!(写真はイメージ)

同情の声は皆無! テニス仲間からは「バカ者!」と罵声

   新型コロナウイルスが依然として世界中で猛威を振るうなか、テニスツアーも3月から中断していました。欧州各国でロックダウンの措置が緩和されたこともあり、「ファンに楽しみを届けたい」というジョコビッチの熱意で開催された今回のチャリティーマッチ。多くのトップ選手が参加しましたが、新型コロナの感染者が相次いだことから会期途中で打ち切りになってしまいました。

   自身の感染も明らかになったジョコビッチが謝罪コメントを公表しましたが、批判の嵐は収まる気配がありません。

Novak Djokovic: World number one 'so sorry' after testing positive for coronavirus
(世界1位のノバク・ジョコビッチは、コロナウイルス陽性が判明して「とても申し訳ない」と謝罪した:英国BBC放送)

   報道によると、ジョコビッチはウイルス検査で陽性反応を示したものの症状はなく、14日間の自主隔離に入るそうです。同じく、世界ランキング19位のグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)ら参加した3選手も検査で陽性が判明。さらにジョコビッチとディミトロフの各トレーナーやジョコビッチの妻も感染が確認されるなど、「クラスター」が発生したようです。

   じつは、今回の慈善大会の開催自体は禁止されてはいませんでした。クロアチアのロックダウン措置が緩和されたことで、選手たちには、ソーシャルディスタンスを保つなどのルールは義務づけられておらず、試合後には抱擁し合うなど「濃厚接触」する姿も見られました。

   ロックダウンが緩和されたとはいえ、現状、多くのスポーツイベントは「無観客」で実施されています。ところがこの大会は「無観客」ではなく、多くの観客が詰めかけて熱い声援を送っていました。写真を見る限り、観客席でマスクをしている人はほとんど見当たりません。

   大会前の記者会見の写真も見ましたが、狭い部屋に報道陣が密集していて、めちゃくちゃ「3密」ですし、誰もマスクをしていません。おそらく、ジョコビッチだけがルールを破ったとか無謀だったわけではなく、取り巻く環境が「ユルユル」で、社会全体の認識が甘かったのではないかと推測できます。

   それでも、今のところジョコビッチに対して同情する声は聞こえてきません。むしろ、参加選手たちと一緒にナイトパーティーで騒いでいたなどの情報が伝わり、選手仲間からもいっせいに非難されています。

   オーストラリアのニック・キリオスは「bone-headed decision」「バカ者の判断だ」と、痛烈に批判しました。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中