2022年 9月 25日 (日)

【企業分析バトル 第2戦】クラウドサービスの「コムチュア」 コロナ禍でも業績は右肩上がり、来期も過去最高予想(一橋大学)

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

充実した株主還元と多様な大手取引先の存在が魅力

   コムチュアの株価が、新型コロナウイルス感染症の影響が残る状況でも上がると期待できる理由は、来期の業績予想の他にもある。

   まず、16期連続の増配計画を実行中であり、配当性向45%以上を維持。安定経営により配当が年4回あるなど、株主還元が充実していることが挙げられる。ポストコロナの相場が予想しづらい状況のため、安定してインカムゲインを得られる株の人気は今後も高まるだろう。

   また、主な取引先が業種・業態に偏らない大手企業であるということも評価できる。イオンやソフトバンクグループ、リクルートグループなど、2020年3月末の時点で全936社と取引しているとのことだ。

   株価チャートをみると、2020年3月13日に1412円の年初来安値を付けて以降、株価は上昇傾向にあり、6月3日には3105円の年初来高値を付けている。その後は少し下落したが、6月中旬からはまた上昇の兆しが見えてきた。移動平均線を見ても、5日、25日、75日すべて上向きで、あと少しで5日の移動平均線が25日のそれを上向きに突き抜けるのではないかと期待できる。

   直近では、6月23日にセンシンロボティクス(東京都渋谷区)と資本業務提携を行うと発表したことが好感され、24日には株価が4.3%上昇した。センシンロボティクスは、ドローンなどのロボットの力により自動化された業務において、画像やデータを収集・分析することでソリューションを提供している。この資本提携により、クラウドサービスとドローンサービスの相乗効果が期待されているのだ。

   PER(株価収益率)は40倍以上と決して割安とはいえない。しかし、これまで述べた安定的な強みと業績予想を考えると、まだまだ企業として成長の余地はあるはずだ。加えて、新型コロナウイルス感染症の影響は限定的であり、AIやビッグデータといった人気のテーマ要素もあるため、次のプレスリリースや決算発表の際に、投資家から更なる注目を浴びて株価が上昇することも考えられる。

   これにより、中長期的な視点から、コムチュアは「買い」の銘柄だと判断。6月23日の終値と同じ2790円で100株購入した。

コムチュア(3844)
年初来高値(2020年6月 3日)         3105円
年初来安値(2020年3 月13日)       1412円
株式取得時の株価(2020年6月23日)    2790円
取得株数                   100株

【株式取引ルール】
月200万円を上限に最低1銘柄(企業)を選ぶ、バーチャル投資です。
投資対象は、新興市場を含む上場企業の現物取引です。
1年間のトータルで損益を競います。
プロフィール
一橋大学 オレオ
法学部2年。投資サークルに所属しており、試行錯誤をしながら企業分析を勉強中。株式投資は未経験だが、この企業分析バトルを機に少しずつ始めたいと考えている。趣味は音楽鑑賞やピアノを弾くこと。群馬県出身。
「シューカツに使える企業分析バトル カブ大学対抗戦 Season2」を通じて、財務分析と意思決定の精度を少しでも向上させることができるように、頑張ります。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中