2020年 11月 29日 (日)

たかが家事、されど家事...... 家事で生じる「夫婦のズレ」は定年前に減らしておこう【ひろ子ママの教訓 その15】

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   きょうは40代後半のFさんです。何だか浮かない顔ですが、Fさんどうされましたか?

「ここ数か月在宅勤務を続けていますが、仕事部屋に少し手を加えてみたり、座りやすい椅子を見つけたり、在宅勤務は快適で仕事自体はほぼストレスなく取り組んでいます。
一点ストレスなのは妻なのですよね。子供も成人して、今は妻と二人で暮らしていますが、ご飯があきらかに手抜きなんですよね。週2回パートに行っているだけなのにですよ。『俺はこんなに毎日働いているのに、お前は家事だけやって、テレビ見て、お菓子食べて、休みのような毎日でいいよな』と嫌味を言っていたら、最近、会話が減ってきました......。 これって、やばいかな」
  • 男性が思っている以上に家事は大変なんです!
    男性が思っている以上に家事は大変なんです!
  • 男性が思っている以上に家事は大変なんです!

男性は気づいていない「名もなき家事」がある

   ハッキリ言います! それは、ヤバいです。長年一緒に住んでいる夫婦でも、お互いのことに関しては、気がつかないことばかりです。その一つに家事があります。

   家事といえば、大まかに「料理」「洗濯」「掃除」に分かれますが、これらの3つのほかに、名前がついていない家事もたくさんあります。特にこれといった名前がないため「名もなき家事」と言われています。

   この「名もなき家事」の大変さに男性は気づいていないことが多く、奥さんに対して「やっているのは家事だけだろ」などと無責任な言葉を発してしまうようなのです。

   名もなき家事は、たとえばこんなことです。

・トイレットペーパーの買い出し
・調味料の補充・交換
・排水溝の髪の毛の掃除
・ゴミ出しまでの仕分け

   さらに、「ゴミ出し」だけでも、

・ゴミを分別する
・ペットボトルを洗ってラベルをはがす
・缶を洗って潰す
・生ゴミの水を絞る。水が漏れないように袋に入れる
・ゴミをまとめる

   ゴミを出す前に、これだけの工程があるんですよ。Fさん、知っていましたか?

   ゴミ出しを例に挙げましたが、「名もなき家事」は「たかが家事」とは言えないくらい、けっこう時間もかかり面倒くさいんです。

   そう考えると、定年後を機に家事をするようになってから、その大変さに気づくのでは遅いかもしれません。とはいえ、よくわからないのに手伝うと、逆に「余計なことばかりして」と、ため息をつかれることにもなりそうです。

   なにしろ、女性はトイレットペーパー1つ購入するのにもこだわりがあったりしますからね。中途半端に手伝うのではなく、奥さんに確認してから手伝いましょう。

ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
仮想スナック「ひろこ」を経営
古代マヤ暦シンクロ協会認定講師、ライター
起業したい人・副業したい人が集まる50~60代限定の仮想スナックのママ。
ブログ:https://snackhiroko.hatenablog.com/
不動産業界での営業、教育業界でのコーディネーターなどを経て、組織や人材開発に携わりながら、コーチングも行っている。
鳥取県生まれ、東京在住。多拠点生活に向けて活動中。
Woman excite:https://woman.excite.co.jp/article/author/w_pinoco/
DAILY ANDS:https://daily-ands.jp/authors/573a7efc73f3212f79f6339b
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中