2021年 1月 21日 (木)

これから、ますます増えそうなリモート会議 コロナ禍のコミュニケ―ション力の肝とは?

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

会議でしてはいけないコト?

   人はごく短時間で会話の相手の人となりを判断している。交わした会話がそういう判断の材料となるほど十分とはいえないうちにも、そうわかるのは、言葉以外のメッセージをキャッチしているから。いわゆるボディー・ランゲージだ。

   著者によると、リモートの商談や会議が増えてくる今後には「いままでの何倍もボディー・ランゲージが重要になってくる」という。相手の話に集中している人は腕を組んだり背もたれによりかかったりしないものだが、モニターされているにも関わらず、相手がその場にいないから、気を抜いてやってしまうかもしれない。「腕組みは相手を拒絶したい気持ちを伝えるボディー・ランゲージ」というから、油断してやってしまい商談がダメになる可能性だってある。

   ボディー・ランゲージが重要といっても、何もいつも大きな身振り手振りをしようということではない。相手の話に「集中している」姿勢を見せるだけで、コミュニケーションが濃いものになる。

   著者が、特に若者を対象に注意を促すのは、「スマホいじり」だ。ある勉強会で、一人の人物が、他人の発言の番になるとスマホに視線を落とし、ときには触れて操作をしていた。連絡に忙しくて他人の発言など聞いていないのだろうと著者は思ったが、会合後の雑談で、勉強会にはしっかり参加していたことがわかった。そこで、スマホいじりを指摘したところ、この人物はデジタル・ネイティブ世代で、常にスマホを片手に過ごしており、勉強会でも無意識の行動で、悪気はまったくなかったという。

   「しかし、そのしぐさは私にとっては非常に目障りで、勉強会の途中からは、彼の前で意見を述べるのがイヤになるほどでした」と著者。何気にないスマホいじりも、コミュニケーション破壊のボディー・ランゲージになる可能性がある。

kaisha_20200709113517.jpg

「一瞬で心をつかむ!聞く力」
菊原智明
学研プラス
税別1300円

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中