2020年 8月 11日 (火)

藤井聡太棋聖も足を運んだ! 囲碁・将棋の愛好家が「もっと強くなるため」に訪れる専門店(Vol.13「アカシア書店」)

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   

   靖国通り裏手の路地にあるアカシヤ書店には、全国から囲碁や将棋の愛好家が掘り出し物を求めてやってくる。

   そう! アカシヤ書店は囲碁・将棋の専門店だ。

kaisha_20200702143218.jpg
取材中も常連のお客さんが訪れ、星野さんと親しげに談笑していた
取材中も常連のお客さんが訪れ、星野さんと親しげに談笑していた

   1972年に中野に開業し、神保町店に店を構えたのは2000年。主な商品は囲碁や将棋の戦術に関する本や歴史を扱う書物、棋士のエッセイなどだ。江戸時代に刊行された貴重本などの品揃えも充実している。易学やスピリチュアル関係の本なども取り揃えている、店主の星野穰さんは「勝負とは最終的には心の戦い。そういった意味で、うちで扱う本はすべて囲碁・将棋に通ずるものと思っています」と話す。

   本棚から溢れるように、本は絶妙なバランスを保って高く積み上げられており、壁にはプロ棋士のサインが飾られている。

奥深い将棋の世界との出会い

   店主の星野さんの実家は古本屋だった。「アカシヤ書店」の屋号は、それを受け継いだ。幼い頃から父について古書の買い付け市場に足を運んだ。大人ばかりの市場で、待ち時間の楽しみが将棋だったという。

   幼い頃から慣れ親しんだ将棋の世界、いざ独立して自身の店を始めようと考えたとき、将棋の本の専門店にしようと思い至ったのは自然なことだった。

「将棋から派生して、囲碁関係の本も取り扱うようになりました。今では比率としては半分半分」

   星野さんは将棋ペンクラブに所属し、事務局を務める。会報の発刊やイベント、将棋界での活動も、古書店店主とは別の、もうひとつの顔である。

なかざわ とも
なかざわ とも
イラストレーター
2016年3月学習院大学文学部卒。セツモードセミナーを経て桑沢デザイン研究所に入学、18年3月卒業。趣味は、宝塚歌劇団、落語、深夜ラジオ、旅行。学生時代より神保町に惹かれ、現在フリーペーパー「おさんぽ神保町」の表紙や本文のイラストを手掛けている。 1994年、東京都生まれ。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中