2020年 8月 11日 (火)

「猫のしっぽ」で放送事故! 海外セレブもドギマギ 「オンライン会議で映ってはいけないもの」?(井津川倫子)

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   世界中のあちこちで新型コロナウイルスの感染者が報告されて、感染第2波の様相を呈してきました。「1日で○万人感染」「全世界の死者が○○万人を突破」といった気が滅入るニュースが続き、まるで先の見えないトンネルの中にいるようです。

   そんななか、暗いムードを一気に吹き飛ばすような爆笑動画が英国で報じられて、瞬く間に世界中に拡散しました。果たして、議会のオンライン会議中に、突然画面に現れた「あるモノ」とは......。

  • 「猫のしっぽ」に世界中が……
    「猫のしっぽ」に世界中が……
  • 「猫のしっぽ」に世界中が……

「ロッコ、しっぽを下ろしなさい!」に世界中が笑撃

   世界中に笑いを巻き起こした「放送事故」の主人公はスコットランドの政治家ジョン・ニコルソン氏(59)の飼い猫「ロッコ」。ニコルソン氏が議会のオンライン会議で物々しく発言していると、突然、画面に異様な「ふわふわな物体」が映り込んだのです。

MP John Nicolson interrupted by his cat at committee hearing
(ジョン・ニコルソン議員が、議会のヒアリング中に飼い猫に邪魔された)

   なんと、謎の「ふわふわな物体」は、ニコルソン氏の飼い猫「ロッコ」のしっぽでした。おそらく「ロッコ」はピンとしっぽを立てたまま、スクリーンの前に堂々と居座ったのでしょう。画面の半分を占めるほどにズームされたしっぽは、ニコルソン氏の顔を覆い隠すほどの大きさでした。

   最初はクールに「I apologize for my cat's tail」(猫のしっぽ、お詫びします)と、お詫び発言を続けていたニコルソン氏でしたが、微動だにしない「ロッコ」にさすがに絶えきれなくなったのか、「'Rocco, put your tail down!」(ロッコ、しっぽを下ろしなさい!)としっぽを叩いて「お仕置き」をしました。

   この「珍事」の犠牲(?)となったのが、他の出席者たちです。画面が切り替わって発言を求められた女性は、唇をかんで必死に笑いをこらえながらコメント。続いて登場した男性は、笑いすぎて言葉になりません!スピーカーからは他の参加者の爆笑する声が聞こえてくるなど、それまでの神妙な雰囲気は「ロッコ」の登場で吹き飛んでしまいました。

参考リンク「John Nicolson's cat's tail interrupts subtitles debate」(英BBC)

   「ロッコ事件」を際立たせたのは、ニコルソン氏のキャラクターでしょう。動画を観ましたが、ニコルソン氏はオンライン会議にもかかわらず、ビシッとしたスーツ姿で丁寧にオールバックをしたヘアスタイル。部屋には暖炉があり、窓の外には緑が広がる「セレブ感」満載のおしゃれな自宅。さらに、こてこてのクイーンズイングリッシュで「重厚感」を醸し出していたところに、突然出没した「乱入者」。必死で平静を装いながら、顔が真っ赤になってしまったニコルソン氏でしたが、まるでミスター・ビーンのコントのようでした。

   「ロッコ」の好演が効いたのか、ネットでの反応を見る限り「親近感がわいた」と好意的に受け止められているようです。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中