2020年 9月 30日 (水)

【企業分析バトル 第3戦】新興コンサルのシグマクシス 業績は好調、主要顧客であるJALの動向に注目(一橋大学)

「やずや開発『にんにくしじみ』が凄い」え、初回1日約32円!

   今回選んだ銘柄は、東証一部に上場している「シグマクシス」(6088)だ。

   シグマクシスは、企業のデジタル・トランスフォーメーション(DX)の促進を支援する戦略系のコンサルティング企業として、AI(人工知能)などのデジタル技術を活用したサービス、組織・人材の活性化サービスなどを提供している。

  • デジタル関連のコンサルティング市場は伸びている
    デジタル関連のコンサルティング市場は伸びている
  • デジタル関連のコンサルティング市場は伸びている

「デジタル・コンサル」市場、将来有望かも!

   近年、企業によるクラウドやAIの活用といったデジタル化の動きが目立っている。それに伴い、業務内容を見直す企業が多いことから、特にデジタル関連のコンサルティング業界は好調を維持してきた。

   調査会社のIDCジャパンによれば、デジタル関連のビジネスコンサルティング市場の規模は、2019年に前年比36.3%増の967億円になったとみられており、2019~24年の年間平均成長率は25.0%の高成長を維持すると予測している。

   新型コロナウイルス感染症による経済へのマイナスの影響は無視できないが、中長期的にはデジタル関連コンサル市場の成長は大いに期待できるだろう。

   今回、デジタル関連のコンサル業界の中でも、シグマクシスを選んだ理由は、企業のデジタル化などの需要に対応する事業内容と、好調な業績である。

   シグマクシスの強みの一つに、「コンサルティング×アライアンス」という形でサービスの提供・提案しているということが挙げられる。つまり、顧客企業の課題解決や新規事業の開発において、コンサルティングサービスの提供にとどまることなく、同社自らが出資して事業を運営することも視野に入れたうえで提案しているのだ。

   コンサルティングサービスの具体例としては、企業向けクラウド・データプラットフォームとしてデータの一元管理を実現する「Snowflake」の導入、移行支援サービスやM&Aに関する戦略、事業管理方針、オペレーションをワンストップで支援するM&Aコンサルティング、完全リモートワーク時代の事業運営に関するソリューションの提供などが挙げられる。

出典:株式会社シグマクシスのホームページ
出典:株式会社シグマクシスのホームページ
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中