2020年 9月 25日 (金)

【株と為替 今週のねらい目】コロナ禍ばかりでない、強まる警戒感 懸念は米中対立の先鋭化(8月11日~14日)

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   国内の新型コロナウイルスの新規感染者数が東京都から全国各地に拡大するなか、「お盆」の帰省やレジャーの自粛が呼びかけられ、また東京都内などでは再び飲食店などの営業時間の短縮を余儀なくされており、景況感に対する警戒感が強まっている。猛暑による熱中症予防に伴う外出自粛もある。

   加えて、懸念されるのが米中対立。10日は東京外国為替市場が休場(山の日)で商いが薄かったものの、米中対立の先鋭化が警戒されて1ドル=105円後半から半ばまで下落する場面も。ドルが軟調だ。

   どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

  • 米中対立、先鋭化が懸念される
    米中対立、先鋭化が懸念される
  • 米中対立、先鋭化が懸念される

東京株式市場 4~6月期の企業決算の発表が本格化

日経平均株価予想レンジ:2万1500円~2万2600円

   2020年8月7日(金)終値 2万2329円94銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、ボックス圏でもみ合いか。

   前週の日経平均株価は、反発した。6営業日連続の下げで、下げ幅が1100円を超えていたことから自律反発の動きがあり、一時は2万2500円を超える水準まで上昇したものの、戻り売りの圧力は強く、上値の重さを確認した。

   今週の日経平均株価は、ボックス圏でのもみ合いが予想される。日経平均株価は2万2000円割れの水準からは買いが入り、下値の堅さも見られたが、2万2500円に近づけば戻り売りの圧力が強まり、上値は重い。

   新型コロナウイルスが東京都にとどまらず、全国的に感染が拡大していることで、市場の警戒感も強まっている。4~6月期の企業決算発表が本格化することから、個別銘柄を物色する動きが強まりそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中