2021年 6月 24日 (木)

世界中を襲う殺人的な暑さ 摂氏54.4度の米デスバレーでは「汗かかない」ってホント?(井津川倫子)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

「特別な夏」は東京だけじゃない

   世界で最も暑い場所の一つ、デスバレーで生活する人たちが一番恐れるのは「停電」だそうです。冷房がないと生きていけない夏場は一日中冷房が欠かせません。夜中もフル稼働しないと「眠れない(住民)」とか。日本と違って海外では冷房は「必需品」ではありませんから、一気にみんなが使ってパワーダウンすると、それこそ死活問題だということです。

   それでは、「今週のニュースな英語」は、「hit」を使って「記録破り」を表現する方法をいくつかご紹介しましょう。「hit」「打つ」「当たる」「命中する」という意味の動詞ですが、「達する」という意味でも使われます。最近のニュースから、「hit」を使った見出しをピックアップしてみましたが、「記録破り」だらけの「特別な夏」になっていることがよく分かります。

   まずは、「デスバレーで54.4度!」を一番シンプルに伝える見出しは......。

Death Valley hits 54.4C
(デスバレーで54.4度に達した)

   「record」(記録)を組み合わせた表現が、さまざまなニュースで使われていました。

US stock market hit record high
(米国の株式市場が最高額を記録した)

Positive covid-19 tests hit record low
(コロナウイルスの陽性数が最小を記録した)
Positive covid-19 tests hit record high
(コロナウイルスの陽性数が最多を記録した)

Gold Prices Hit Record
(金価格が最高値を更新した)
Gold Prices Hit Record as Dollar Drops
(ドルの価値が下落して、金価格が最高値を更新した)

The Canadian Real Estate Association says home sales in July hit a record high (カナダの不動産協会は、7月の住宅販売数が最高記録を更新したと発表した)

   グーグル検索に「hit」「record」のたった2語を入力しただけで、ズラリと出てきた「最高・最低記録」の数々。未だに新型コロナウイルスの感染が広がるなか、世界中が大きな振り幅で揺れている証左でしょう。

   54.4度の夏を力強く乗り切っているデスバレーの住民たちを見習って、頑張って「特別な夏」を乗り越えたいと思いつつ、「コロナ」と「酷暑」とはできるだけ早くオサラバしたいところです。(井津川倫子)

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中