2020年 9月 21日 (月)

【株と為替 今週のねらい目】安倍首相辞任の波紋は? コロナ禍に米中対立と波乱要因が山積(8月31日~9月4日)

創業100年以上、大正製薬こだわりの品質。乳酸菌が入ったごぼう茶でいきいきとした毎日を。

   安倍晋三首相の突然の辞任発表で、2020年8月28日の東京株式市場の日経平均株価は一時600円を超す暴落。終値は前日比362円21銭安の2万2882円65銭で引けた。ただ、市場関係者らは「経済支援や金融緩和の政策が大幅に変更される状況ではない」との見方でほぼ一致しており、混乱は限定的なようす。好調な米国株も、追い風になりそうだ。

   懸念材料は引き続き、新型コロナウイルスの感染拡大「第2波」と米中対立の先鋭化。なかでも米中対立は、11月の米大統領選を巻き込んだ展開になり兼ねず、波乱要因として注意する必要がある。

   どうなる? 今週の株式・為替マーケット!

  • 突然の辞任で株価は暴落したが……(辞任会見での安倍晋三首相、2020年8月28日撮影)
    突然の辞任で株価は暴落したが……(辞任会見での安倍晋三首相、2020年8月28日撮影)
  • 突然の辞任で株価は暴落したが……(辞任会見での安倍晋三首相、2020年8月28日撮影)

東京株式市場 コロナ感染第2波への懸念続く

日経平均株価予想レンジ:2万2000円~2万3200円

   2020年8月28日(金)終値 2万2882円65銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、下値固めの展開となりそうだ。

   前週の日経平均株価は、週間ベースで小幅続落となった。28日、安倍晋三首相の辞意が伝わると、一時600円安超の暴落となった。

   今週の日経平均株価は、下値固めの展開となりそうだ。相場の関心は「ポスト安倍」に移るが、安倍首相が後任首相の決定するまで執務を継続することで大きな混乱は回避されそうだ。

   しかし、新型コロナウイルスの感染拡大の「第2波」や米中対立など相場の懸念材料で上値が重いことに加えて、安倍首相の辞任により、政策の継続性や日銀の金融緩和政策が焦点となっており、今後は政局が最大の材料となりそうだ。

   さらに、外国為替相場での円高進行も嫌気されるだろう。また、米国の雇用統計など重要指標の発表が予定されており、その結果が注目される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中