2020年 9月 21日 (月)

【株と為替 今週のねらい目】株価2万3000円台を足固め 気になるのはコロナ禍と円高(9月7日~11日)

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   東京株式市場の日経平均株価は2万4000円を視野に入れつつある。2020年9月3日に一時、2万3580円51銭まで上昇した。高値を付けた米ニューヨーク株式市場のダウ平均株価の流れに乗ったことに加えて、安倍晋三首相の突然の辞任発表も、菅義偉官房長官が「安倍路線」の継承を掲げて出馬することで、不安材料が後退した。

   気になるマイナス材料は、もちろん新型コロナウイルスの感染第2波。外国為替相場で円高傾向がくずぶっていることもある。

   どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

  • 次期首相に一番近い!?(菅義偉官房長官、2020年9月2日撮影)
    次期首相に一番近い!?(菅義偉官房長官、2020年9月2日撮影)
  • 次期首相に一番近い!?(菅義偉官房長官、2020年9月2日撮影)

東京株式市場 菅氏出馬、金融緩和の継続で不安材料薄れる

日経平均株価予想レンジ:2万2500円~2万3700円

2020年9月4日(金)終値 2万3205円43銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、もみ合い相場となりそうだ。

   前週の日経平均株価は、3週間ぶりに反発し、終値ベースでは新型コロナウイルスの感染拡大前の水準まで上昇した。安倍晋三首相の辞意表明のショックは、菅義偉官房長官の自民党総裁選への出馬検討や、米国株の上昇が買い材料となった。

   今週の日経平均株価は、もみ合いながら2万3000円台を固める動きとなりそうだ。一時的に今年1月以来の2万4000円が視野に入っており、上値を試す動きが出る可能性もありそうだ。

   菅官房長官の自民党総裁選に出馬表明により政局不安が薄れたうえ、日本銀行の金融緩和政策の継続が見込まれているため、不安材料は薄れている。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大状況に変化はなく、日経平均株価を大きく買い上がっていくほどの材料もない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中