2020年 10月 24日 (土)

【尾藤克之のオススメ】秋の夜長に、ハイボールを片手に読みたい一冊

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   ハイボールが看板のバー、銀座の「ロックフィッシュ」は、開店時間を待って飛び込んでくる常連さんも多い人気店です。

   オーナーの間口一就さんは、酒に合うつまみづくりにかけては天下一品と評判です。缶詰つまみ(缶つま)やホットサンドイッチなど、一部の代表メニューは書籍化されてヒット作になりました。本書はそんな実力派の名物オーナーによる、「晩酌が100倍うまくなる酒飲みエッセイ」です。

「バーの主人がひっそり味わってきた酒呑み放浪記」(間口一就著)秀和システム
  • 洋食の定番メニュー「ロールキャベツ」が大好き!(写真はイメージ)
    洋食の定番メニュー「ロールキャベツ」が大好き!(写真はイメージ)
  • 洋食の定番メニュー「ロールキャベツ」が大好き!(写真はイメージ)

愛しきロールキャベツ

   やわらかキャベツに肉だねの入ったロールキャベツは洋食の定番メニューです。著者の間口一就さんは、ごちそう感を漂わしている洋食はが大好きだったと言います。

「カタカナの洋食というだけで、料理の格が上がった気分になり、喜んで椅子に飛び乗っていました。お刺身や焼き魚も好きなのですが、なんだかごちそう感を漂わせている洋食は、ただ者ではないぞと。その好物の一つに、花柄のキャセロールでコトコト煮込まれたロールキャベツがありました」
「合いびき肉に刻んだ玉ネギと、小麦粉を加えてタネを作り、お湯で柔らかくしたキャベツで巻いて、スープで煮込む手順は、何回聞いても覚えられなかったことを思い出します。母のロールキャベツには、かんぴょうが巻いてあって、少しばかりの違和感を覚えていました。ロールキャベツの煮崩れ防止のためであると知ったのは、ずいぶん後でした」

   間口さんは目を細めて、そう話します。

   スープはコンソメ味で、ケチャップを使ってトマトソースにしていたそうです。たくさん食べても飽きることがない味でした。

   間口さんは、

「いざ作ってみると、なんと難しいことか。とりあえず買ってきた合いびき肉に、刻んだ玉ネギを加えても、玉ネギが粗すぎるとお肉と馴染みません。茹でたキャベツの葉でタネを巻いても、なぜか破れてしまいます。爪楊枝を使って巻きを抑えるのが精一杯でした。かんぴょうを戻して巻くなんて、想像するだけでギブアップです」
「コンソメのスープで煮込み始めたところで、やっとホッとする始末です。センスのなさを思い知らされる料理でした。でき上がったロールキャベツは、ほぼゲンコツの大きさ。3個ほど皿に盛ってみる大中小とややサイズは違いますが、妙に愛らしいことよ。見た目は、その次。一番大事なのは味でもない、愛情だと言い聞かせていました」

と言います。

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所客員研究員
代議士秘書、大手コンサルティングファームで、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事。IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/故・橋本龍太郎元首相夫人)を運営。NHK、民放各社のテレビ出演、協力、経済誌などの掲載多数。著書は多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。
経営学修士、経済学修士。東京都出身。
https://amzn.to/2vPNTze
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中