2020年 10月 25日 (日)

【馬医金満のマネー通信】「シャープのマスク」累計応募総数は約880万人! それだけじゃない 熱心な医療分野の技術開発

送料無料/乳酸菌ごぼう茶

   みなさん、こんにちは。馬医金満です。

   新型コロナウイルスの感染拡大がくすぶるなか、家電メーカーのシャープが医療分野へ進出しています。

   シャープといえば、新型コロナウイルスが全世界に拡大しはじめ2020年2月に、政府の要請に応えてマスクの製造を発表。購入を希望する人が殺到し、「シャープのマスク」は抽選で当たらないと買えないほどの人気でした。

  • 家電メーカーのシャープが医療分野に前のめり!?(写真はイメージ)
    家電メーカーのシャープが医療分野に前のめり!?(写真はイメージ)
  • 家電メーカーのシャープが医療分野に前のめり!?(写真はイメージ)

家電のシャープ、「脱ハードウェア」への挑戦

   シャープは3月からマスクの製造を開始。9月現在でもマスクの購入は抽選で、累計応募総数は約880万人にのぼり、100倍ほどの高倍率が続いています。

   「マスク」というヘルスケア商品の人気の勢いそのままに、シャープは医療・福祉分野への本格参入を成功させました。

   じつは、シャープはかねてから「脱ハードウェア」依存を掲げ、医療や介護現場に参入しようとしていました。実際に「水なし自動調理鍋『ヘルシオ ホットクック』」などの調理家電を手がけ、その狙いのひとつとして健康な食生活を支援する製品をあげています。

   また、9月にも空気清浄機に搭載されている独自技術「プラズマクラスター」が、限られた実験条件下ではありますが、新型コロナウイルス抑制効果があったと発表したばかりで、医療分野での技術開発に、熱心に取り組んでいます。

   しかし、これまでの調理家電や空気清浄機は、いずれもシャープの事業としては家電などハードウェアが中心のスマートライフ事業が担っていました。それに対して、今後はスマートフォンやパソコンなどの通信関連事業を中心に手がけるICT事業での開拓を目指しているのではないかと考えられています。

   なぜなら、グーグルやアマゾン、アップルなどソフトウェア(中心のハイテク企業)が台頭しており、ハードウェアだけでは厳しいと感じているからではないかと考えています。ハードに加えてソリューションを強化した事業展開にシフトしようというわけです。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中