2020年 10月 30日 (金)

IPOを果たした「I-ne」 DtoC企業は時代の波に乗ったのか!?【馬医金満のマネー通信】

毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   みなさん、こんにちは。馬医金満です。

   ヘアケアブランド「BOTANIST」などを展開するI-neが8月20日、東証マザーズへの新規上場を承認され、9月25日に上場しました。

   I-neは、2007年3月に設立された企業で、社名には「Innovation Never Ends」というコンセプトが込められています。

  • ヘアケアブランド「BOTANIST」が人気のI-neが東証マザーズに上場(写真はイメージ)
    ヘアケアブランド「BOTANIST」が人気のI-neが東証マザーズに上場(写真はイメージ)
  • ヘアケアブランド「BOTANIST」が人気のI-neが東証マザーズに上場(写真はイメージ)

ヘアケアカテゴリーで「BOTANIST」が第3位のヒット

   IPO(新規上場)を果たしたI-neの売上規模は、2019年12月期時点で212億600万円。経常利益は6億4900万円です。2020年上半期での売り上げは105億2700万円と横バイペースですが、経常利益は3億6900万円と増益基調となっています。

   I-neの主力事業が、天然志向コスメの「BOTANIST(ボタニスト)」となります。2015年1月の発売から、瞬く間に市場を席巻。市場調査のインテージの調査で、ヘアケアカテゴリーで第3位(2019年12月)になるなど、稀有な成功事例となりました。

   また、他事業にも積極的に参入しており、2012年にヘアアイロンなどの美容家電ブランドの「SALONIA(サロニア)」を、そして15年にヘアケアブランド「BOTANIST」を、翌16年にリラクゼーションドリンク「CHILL OUT(チルアウト)」を発売するなど、健康飲料事業にも参入。19年には日本コカ・コーラと合弁会社を設立しています。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中