2020年 10月 31日 (土)

コロナが変えた20代の転職意識 IT・ネット系への志望が増える

ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   新型コロナウイルスの感染拡大が、仕事観や転職をめぐる意識にも、微妙に影響を及ぼしていることがわかった。

   就職情報サービスの株式会社学情(東京都中央区/大阪市)が20代を対象に行った調査で、45.9%が、感染拡大の前後で「希望する業界や職種に変化があった」と回答した。「変化があった」と答えた人の希望する業界は、ITやインターネット系が大半だった。2020年10月6日に発表した。

  • 転職めぐる考え…コロナもファクターに
    転職めぐる考え…コロナもファクターに
  • 転職めぐる考え…コロナもファクターに

   調査によると、新型コロナウイルスの感染拡大前(2月以前)と比較して、「希望する業界や職種に変化があったか」との質問に、感染拡大前後で希望業界・職種に「変化があった」と回答した人(45.9%)のうち、46.9%が「IT・通信・インターネット」を選び最多。「サービス」(23.5%)や「メーカー」(20.4%)を引き離して、ダントツだった。

kaisha_20201006183808.png

   コロナ禍でテレワークの導入が加速。また、ネット通販や、ネットを使ったフードデリバリーの利用が増え、一定のITスキルやネットに関する知識の習得が必要とされるようになった。

   そうした変化を背景に、長引くコロナ禍の中で拡大が見込まれるインターネット関連への転職を考えるようになった若者が多いことが推察される。一方、感染拡大前後で希望業界・職種に変化がなかった人たちの「希望する業界」はどうかというと、トップはやはり「IT・通信・インターネット」(35.0%)だったが、以下は「メーカー」(30.8%)「商社」(25.6%)が続いた。

kaisha_20201006183847.png
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中