2020年 10月 26日 (月)

仮想通貨取引所でハッキング被害 それ、なかったことにできちゃうかも?(ひろぴー)

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   2020年9月26日に、KuCoinという海外取引所でハッキング被害が発生しました。

   当日中に取引所のCEO(最高経営責任者)が被害を受けたことを認め、被害額は165億円相当。一部の調査では200億円も超えるのではないかと推測されています。

   これは、2018年のコインチェックと2014年のマウントゴックスで発生したハッキング被害に次ぐ規模です。また、2019年に発生した仮想通貨取引所のハッキング被害の総額(170億円超)とほぼ同じ規模となります。

  • 仮想通貨取引所でハッキング被害! 魔の手が伸びる……
    仮想通貨取引所でハッキング被害! 魔の手が伸びる……
  • 仮想通貨取引所でハッキング被害! 魔の手が伸びる……

ユーザーも取引所も補償する?

仮想通貨取引所が狙われている!
仮想通貨取引所が狙われている!

   KuCoinの事件は、大規模なハッキング被害となりましたが、今回は今までと大きく異なりました。最近の仮想通貨の資産流出問題について、解説します。

   今回の被害に対して、KuCoinの声明によると「ユーザーはもちろん取引所も全額補償される」としています。

   コインチェックが大規模なハッキング被害を受けた際に補償を行った後から、大手仮想通貨取引所はハッキング被害に対して補償する流れとなっています。もし補償しないと、取引所の信用が著しく低下。業務の継続が困難になるというジレンマを背負っているともいえます。

   取引所側は、もちろん被害を受けないようにセキュリティ対策に万全を期しているのですが、新しいハッキング技術とのいたちごっこでしょう。そのため、一定のセキュリティ対策を行っている取引所は保険会社に補償契約を交わしている場合もあります。

   そのため、今回のKuCoinは保険ファンドにより被害額を補償。その金額を被害にあったユーザーに返すという流れになるのではないでしょうか。

ひろぴー
FX・仮想通貨トレーダー兼コラムニスト。
サラリーマントレーダーとして、「FXリアルトレード対決!」で優勝するなど、数多くの実績を残す。現在はラジオ日経で投資番組のパーソナリティを務める傍ら、「ザイ!FX」や「みんなの仮想通貨」などのポータルサイト大手での執筆活動にも精力的に取り組んでいる。2015年からは仮想通貨の可能性に注目。仮想通貨への投資を開始した。香港系プライベートファンドにも運用している。
仮想通貨Webサイト:Bitcoin-FXも運営しており、仮想通貨情報発信も行っている。
・仮想通貨ブログ ビットコインFX:https://bitcoin-fx.jp/
・初心者もできる、ビットコイン・イーサリアム投資情報サイト:https://btc-eth.jp/
・Twitter:ひろぴーFX@仮想通貨@hiropi_fx
児山 将(こやま・しょう)
2009年の大学4年時にFXをはじめ、一度は飲食店の店長として働くも相場に関りたく金融メディア大手に就職。記事執筆とサイトのディレクションを行う。FX以外にも、株、指数、オプション、商品、仮想通貨など多岐に渡る商品を取引。現在はフリーランスとしてサイト制作やコンテンツ制作を行いながら個人投資家として活動する。
・Twitter:児山 将@goahead5055
・初心者でもできる、ビットコイン・イーサリアム投資情報サイト https://btc-eth.jp/
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中