2020年 10月 25日 (日)

「GoToイート」が飲食店を泣かせている? トンデモ「錬金術」に悪用され 恩恵を受けるのは余裕のある店だけ(2)

たった4問のアンケート回答で全員半額以下!アンケートはこちらから。

   コロナ禍で困っている飲食店を助けるために2020年10月1日から始まったはずの「GoToイート」キャンペーンが、「飲食店を泣かせている!」と批判を受けている。

   本当に困窮している中小零細飲食店を救済せず、余裕のある大型飲食店しか恩恵を受けない仕組みになっているというのだ。

   それだけではない。SNS上では、「GoToイート」の抜け道を使ったトンデモ「錬金術」の手口が拡散している。いったいどういうことか。主要メディアの報道とネットの声を拾うと――。

  • 焼き鳥を1品だけ頼んで…(写真はイメージ)
    焼き鳥を1品だけ頼んで…(写真はイメージ)
  • 焼き鳥を1品だけ頼んで…(写真はイメージ)

1品だけ注文して673円の「儲け」が出る「鳥貴族錬金術」

   もう一つ、予約サイト経由の「ポイント付与」ではトンデモない「錬金術」がネット上で話題になっている。その実態をNHKニュース(10月6日付オンライン版)が「GoToイート この使い方ってありなの?」という見出しで、こう伝えている。

「オンライン予約によるポイント付与は、利用金額にかかわらず1人当たり昼食は500円分、夕食は1000円分のポイントが後日、付与される。SNSで話題となっているのは、たとえば夕食を数百円に抑えて1000円分のポイントを受け取り、その差額分をコツコツ貯めるという利用方法だ。ツイッターで『錬金術』や『制度のバグ(欠陥)』などと指摘され、さまざまな反応が投稿されている」
地域で使えるプレミアム食事券(静岡県、農林水産省のホームページより)
地域で使えるプレミアム食事券(静岡県、農林水産省のホームページより)

   NHKが特に取り上げたのが、ポイント付与で「不都合な使われ方」をされている居酒屋チェーン店「鳥貴族」のケースだ。鳥貴族のメニューは基本的に298円(税込=327円)。「イート」で夕食を予約・来店すると、1000円分のポイントが付与されるから、1品だけ注文すれば、差し引き673円分の「儲け」が出ることになる。SNS上では「トリキの錬金術」という言葉が生まれ、「成果」を自慢するレシートの写真がアップされている。

   NHKは、こう続ける。

「実際に恩恵を受けた男性に話を聞いた。男性は『鳥貴族』で、焼き鳥と鶏スープの麺を注文した。2品でしめて税込み654円。滞在時間30分で、差し引き346円分がプラスになった。一方、店側はどう感じているのか。少額の注文でポイントを獲得したとSNSで投稿する人が相次いだ『鳥貴族』の担当者は困惑している」

   「鳥貴族」の担当者は、NHKの取材にこう答えたのだった。

「『GoToイート』には期待もしていますし、たくさんのお客さんに来てもらっているので、全体としてはありがたいです。しかし、予約で来店した客には2時間の制限を設けており、たとえば1品で2時間、席を使い続けられると、回転率に影響してしまいます。ポイントをためる目的で来店されているかどうかはわかりませんが、正直、困っています」

   一方、農林水産省の担当者は、NHKの取材にこう答えた。

「こうした使われ方をする可能性があることを当初から想定していた。ポイント付与は飲食店で使うことになるので、外食産業の需要喚起という制度の目的からはそれない。居酒屋に入って飲み物も飲まずに帰ってしまう人は、普通はいない。単価を確保したいのならコースを注文しないといけないとか、店側が自由に決めてほしい。行政側が決めてしまうと使い勝手が悪くなる」

   つまり、店側が工夫するべきだというのだった。

参考リンク:「Go Toイート『錬金術』は想定済み なぜ『一律ポイント付与』に? 農水省に詳しく聞いた」(J-CASTニュース 2020年10月7日)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中