2020年 11月 25日 (水)

「昔は良かった。おもしろかった」 そのひと言が老化の一歩かも!【ひろ子ママの教訓 その25】

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   きょうは、50代のUさんです。盛り上がっているようですが、なんだか「昔は昔は......」という言葉が飛び交っていますね。

「テレビはやっぱり昭和のほうがおもしろかったよな」
「昔は社内のスポーツ大会とかもあって、それぞれの部署にも一体感があったよぁ」
「飲みにも行けたし、コロナの前がやっぱり良かったよぁ」......

   Uさん、典型的な「昔は良かったなぁ、おじさん」になっています。かなりマズイですよ。

  • 「昔はよかった」ばかりでは……(写真はイメージ)
    「昔はよかった」ばかりでは……(写真はイメージ)
  • 「昔はよかった」ばかりでは……(写真はイメージ)

脳の30%を占める「前頭前野」が衰えると......

   脳科学者の中野信子さんの本を読んだのですが、「昔は良かったなぁ」という言葉が頻繁に出てきたら、前頭前野が老化しているサインだそうです。

   前頭前野とは、脳30%を占め、「考える・記憶する・感情をコントロールする・判断する」などの人間が人間らしくあるために必要な部分。つまり、前頭前野が衰えると、新しいものや自分と違うものが受け入れにくくなるのです。

   人はやはり歳を重ねていくにつれ、心が動きにくく、目の前のことに感動が生まれにくくなるとも言われますが、そのまま放っておくと、過去のことにしか興味がわかなくなってしまうのです。

   大人よりも子どもたちが笑ったり、騒いだりしているのも、初めての体験、感動が多いからなんですね。「昔は良かったなぁ、おじさん」が生まれるのは、年齢を重ねる中で、仕方がないと言えば仕方がないことですが、そのままでは言い訳にしかなりません。

   Uさん! このままでは、脳は老化に向かっていきますよ。

   「昔は良かったなぁ」って、今を生きている人にも失礼だと思うんですよね。たとえば、「昭和は楽しかったなぁ」となると、平成や令和生まれの人に対して、「平成よりも令和よりも昭和が良かった」と言っていることになるので、言われた側はいい迷惑でしかないですよ。

   「昔は ?が良かったから今の時代でも、こういうことができるように工夫したいね」という発展的な内容ですと話は違いますが、それ以外は「だから何?......」と、未来に役立つこともありませんよね。言われるほうも呆れてきます。

   生まれてきた時代はそれぞれで、目の前に広がっている現実が共通のできごとなので。どちらかが、どちらかの世代に興味を持つ以外、話は広がりません。今、この令和の時代に目を向けた方が色んな年代間で話はできそうですね。スマホから流れる音楽よりもレコードから聞こえる音楽のほうが、風情があるとしても、時代の変化に切り替えることも必要です。

ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
仮想スナック「ひろこ」を経営
古代マヤ暦シンクロ協会認定講師、ライター
起業したい人・副業したい人が集まる50~60代限定の仮想スナックのママ。
ブログ:https://snackhiroko.hatenablog.com/
不動産業界での営業、教育業界でのコーディネーターなどを経て、組織や人材開発に携わりながら、コーチングも行っている。
鳥取県生まれ、東京在住。多拠点生活に向けて活動中。
Woman excite:https://woman.excite.co.jp/article/author/w_pinoco/
DAILY ANDS:https://daily-ands.jp/authors/573a7efc73f3212f79f6339b
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中