2021年 1月 21日 (木)

「国民の健康より、東京五輪開催?」 Go Toトラベル見直しで右往左往した菅政権のホンネ(2)

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   新型コロナウイルスの「第3波」が猛威を振るうなか、政府は2020年11月24日、日本医師会などから感染拡大の元凶と指摘されている「Go Toトラベル」をめぐり、感染拡大地域の新規予約を一時停止すると発表した。

   国民の批判を受け、かたくなに「Go To事業のキャンペーンを続ける」としてきた強硬姿勢を一転させた。いったい何があったのか。主要紙の論調とネットの声を拾うと――。

  • 3連休に京都に押しかけた人が多かった(写真はイメージ)
    3連休に京都に押しかけた人が多かった(写真はイメージ)
  • 3連休に京都に押しかけた人が多かった(写真はイメージ)

コロナの収束、最も楽観的な予想でも来年8~9月

西村康稔経済再生担当相
西村康稔経済再生担当相

   その「決意」に疑問を投げかけるのが毎日新聞(11月23日付)の「コラム:風知草 勝つと思うな」である。コラムニストの山田孝男・特別編集委員が、11月8日に放送されたNHK「新型コロナ 全論文解読~AIで迫る、今知りたいこと~」の内容を紹介しながら、「新型コロナに勝つのは無理だ」と、こう書いている。

「新型コロナは一体、いつ収束するのか。NHKが世界トップクラスの研究者14人に聞いたところ、最も楽観的な予測は2021年8~9月。21年末から22年という見方に加え『23年以降』説も。最も悲観的な予測は『収束しない』だった」

   番組の中で、沖縄県中部病院の感染症医、高山義浩氏が新型コロナウイルスの70歳以上の致死率は12%で、高齢者の死亡リスクはインフルエンザの数十倍に達すると報告した。毎日新聞の山田孝男記者は、米国の2つの製薬会社がワクチン開発に成功している、新型コロナは撲滅できるのかと、高山義浩医師に取材した。

   すると、答えはこうだった。

「無理でしょう。天然痘を撲滅できたのはヒトだけの感染症だったから。新型コロナウイルスは動物にも感染する。仮に極めて有効なワクチンが開発され、全人類が接種できても、次に動物に接種しなければならない。途方もないオペレーションです。麻疹(はしか)は一度感染すれば生涯免疫が手に入るが、新型コロナは再感染している。ワクチンを接種しても再感染すると思ったほうがいい。人間はすでに4種の季節性コロナウイルス(冬カゼのウイルス)と共存している。新型コロナとも共存するしかない」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中