2021年 5月 13日 (木)

「世界をガラリと変える」AI アリババなどの活用例を紹介

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   コロナ禍となって求められる密回避や非接触化を実現するとして、最新のツールやロボットが続々登場している。その働きの核に据えられているのは、AI(人工知能)であることが多い。だが、言葉そのものは社会に浸透しているものの、一般にその実態がよく知られているとはいえない。

   本書「世界のトップ企業50はAIをどのように活用しているのか?」は、AIが「将来、世界をがらりと変える」と予告したうえ、その証拠として、実際にAIが世界の企業でどう活用されているかをレポートした。AIの奥深さが描かれ、コロナ禍でのツールやロボットにとどまるものではないことが示されており、密回避や非接触化でも頼りがいがあることが実感できそうだ。

「世界のトップ企業50はAIをどのように活用しているのか?」(バーナード・マー、マット・ワード著、安藤貴子訳)ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • AIではニューラルネットワークが人間の脳の神経回路網を数字モデルで再現
    AIではニューラルネットワークが人間の脳の神経回路網を数字モデルで再現
  • AIではニューラルネットワークが人間の脳の神経回路網を数字モデルで再現

世界最大のアリババを支えるAI

   中国のアリババ・グループは、ECのネットワークを運営する多国籍複合企業。流通総額は米国のアマゾンとイーベイの合計を上回り、その規模は世界最大だ。成長を支えているのがAI。ショッピング・ポータル、クラウドサービス、社会的事業などまで、事業のあらゆるシーンでAIが使われている。

   アリババのショッピング・ポータルでは、買い物をする顧客がそれぞれにあった「カスタム・ページビュー」を作成。AIがサイト内での顧客のアクションをモニターする。

   顧客が購入希望品を入力したのを受けて適正な価格の商品を提示、そして、その商品を購入するか、ほかの商品を見るか、サイトを離れるか―といった行動を追ってリアルタイムで顧客の好みを学習し、ページビューに調整を加え、購入につながるよう顧客をリードする。サイトを離れて購入がなくてもAI学習は次の機会に生かされる。

   アリババは複数のサイトで数百万アイテムの商品を扱う。利用者向けの商品説明を作成するのに膨大な作業が必要だ。この負担を減らすためAIによるコンテンツ自動生成システムにも投資を行ってきた。開発されたのは「AIコピーライター」。人間の脳の神経回路網を数字モデルで再現したニューラルネットワークを使い、大量のデータから特徴を抽出する「深層学習(ディープラーニング)」と「自然言語処理」のアルゴリズムを活用して、1秒間に2万行の「キャッチコピー」を生成する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中