2021年 3月 1日 (月)

「世界をガラリと変える」AI アリババなどの活用例を紹介

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

バーバリー、ハーレーダビッドソン...... 従来型企業も

   本書では、アリババのほか、バイドゥやテンセントなどの中国のIT企業と合わせて「AI界の巨人」とされるグーグル、フェイスブック、アマゾン、マイクロソフトがどのようにAIを使っているかを解説。ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニーやスポティファイ、ネットフリックス、ベライゾン、バイアコムなど、世界で成長を続けているメディア、エンターテインメント、通信系の各企業でもAIが大きな役割を果たしていることが報告されている。

   また、バーバリーやユニリーバ、スターバックス、ハーレーダビッドソンなど、一見AIとは無関係に見える従来型の企業が、当初は遅れをとった分を取り戻すかのようにAI活用の取り組みを強めて成長軌道に乗った様子も描かれ興味深い。

   本書では、AI活用で成功させた企業50社を紹介しているが、それらに共通しているのは、どの企業もAIの適用を検討するうちに、ビジネスモデルの「一新」、あるいは、ビジネスモデルを「根本から変える」ことになる―ということ。

   ほとんどの企業が、ビジネスのあらゆる側面に新しい方法としてAIを導入。アリババの「AIコピーライター」もその例だ。著者らは、本書で紹介した事例を通して「『AIによって何ができるか』について質の高い知見を得ることができる」と述べている。

kaisha_20201120173813.jpg

「世界のトップ企業50はAIをどのように活用しているのか?」
バーナード・マー、マット・ワード著、安藤貴子訳
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2500円(税別)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中