2021年 10月 22日 (金)

介護事業の倒産が最多に! 現場職員の心を折る入居者家族の「コロナよりひどい暴言」(2)

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   新型コロナウイルス感染拡大の第3波が猛威を振るっているが、「老人福祉・介護事業」の倒産と、解散・休廃業が過去最多に達していることがわかった。東京商工リサーチが2020年12月3日、「2020年 老人福祉・介護事業の倒産状況」の調査結果を発表した。

   老人福祉・介護事業は、以前から経営不振に陥っているところが多かったが、コロナ禍による利用控えやコスト増加が追い討ちとなったとみられる。

  • デイサービスを受け入れる施設が減ってきて……
    デイサービスを受け入れる施設が減ってきて……
  • デイサービスを受け入れる施設が減ってきて……

入居者の家族から「コロナを持ち込むな!」と怒鳴られる

   介護現場の職員たちは厳しい実態を訴えている。

「実務者研修を先日受けてきた者です。講師の方が『福祉学校に入学予定の学生、1人! だから君たちは辞めないでくれ!』と、おっしゃっていました。私は訪問介護員ですが、移動はお給料が出ないので、レジ打ちの仕事と掛け持ちしています。しかし体も経済的にもそろそろ限界で、介護職を辞める時かなと思っています」
「介護士ですが、コロナでひどいことになっています。何かをするたびに消毒で手が荒れまくり、排せつや食事介護にも気を使う要素が増えまくりました。なのに、入居者の家族(息子とか)が『お前らはコロナを持ち込む悪魔だ』『面会禁止とはひどい!』と騒ぎ、あげくのはてには『コロナを外から持ち込まないよう24時間泊まり込みで仕事しろ』といった電話をしてきます。とある病院の併設介護施設なのですが、病院ではコロナ患者を受け入れており、『この街にコロナ患者を持ち込むな!』と抗議を受けています。家に帰れば『マンションにコロナを持ち込まないで』と言われます...。感謝もなく批判され続ける毎日に辞めていく人が絶えません。代わりに未経験の外国人が来て、その教育に追われましたが、結局すぐ辞められる...。もう疲れました。そこまで言うなら家族で面倒みてください!」

   この声には共感が殺到した。

「すっっっごくわかります! たいてい息子! おじさん! 世間ではそれなりの地位や学歴がある人が多い。『こっちは金払ってるんだよ!』はまだ可愛いほうで、わけのわからない理論を展開して施設が悪いと一方的に決めつける。こういう人の対応に人や時間をとられて回らなくなる。お金はいらないから自分で親をみたら?と何度言おうとしたことか。サッカーじゃないですが、○回業務を止めたら退場とかにしたい」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中