2021年 5月 8日 (土)

マクロン仏大統領が感染 コロナ猛威で経済後退懸念(12月21日~25日)【株と為替 今週のねらい目】

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   新型コロナウイルスの国内の新規感染者数は2020年12月17日、3200人超と過去最多を更新した。海外ではフランスのマクロン大統領が感染するなど、感染第3波による経済後退への懸念は強まっている。15~16日には米連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利の据え置きを決定。米連邦準備制度理事会(FRB)が2023年まで実質ゼロ金利政策を維持する方針を改めて示した。

   米ドルは買いづらく、円高の進行や、英国と欧州連合(EU)の通商交渉の停滞などへの警戒感も広がってきた。どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

  • コロナ感染第3波の猛威が続く(国立感染症研究所提供)
    コロナ感染第3波の猛威が続く(国立感染症研究所提供)
  • コロナ感染第3波の猛威が続く(国立感染症研究所提供)

東京株式市場 狭いレンジでもみ合いか

日経平均株価予想レンジ:2万6500円~2万7100円

2020年12月18日(金)終値 2万6763円39銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、狭いレンジでのもみ合いか。

   前週の日経平均株価は、反発した。米国での新型コロナウイルスのワクチン接種の開始や、12月の日銀短観の改善などを好感した。半面、新型コロナウイルス感染者の拡大が継続し、国内では政府が「Go Toトラベル」キャンペーンの全国停止を発表するなど嫌気材料も多く、上値が重い展開が続いた。

   為替相場が1ドル=102円台の円高となったことも嫌気された。

   今週の日経平均株価は、狭いレンジでのもみ合いとなりそうだ。日経平均株価は2万7000円を試す可能性も大きいが、国内感染者数が過去最多を更新しており、上値は重い展開となりそうだ。半面、国内でもファイザーが新型コロナウイルスのワクチン承認を申請するなど好材料もあり、下値も堅そうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中