2021年 5月 13日 (木)

国産タオル「メード・イン・ジャパン」品質で復権 2019年売上規模は過去10年で最高

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   国内タオル専業メーカーの2019年の売上規模(事業者売上高ベース)が677億円と過去10年で最高になったことが、帝国データバンクの調べでわかった。2020年12月22日の発表。

   愛媛県の「今治タオル」など産地のブランド化で市場を確立。安価な輸入品など汎用品との差別化が行き渡り、輸出の拡大が軌道に乗った結果だ。

  • 産地ブランドが定着し国内タオルは市場の確立に成功
    産地ブランドが定着し国内タオルは市場の確立に成功
  • 産地ブランドが定着し国内タオルは市場の確立に成功

今治、泉州......「産地ブランド」定着

   タオルやブランケットなどを製造するタオル専業メーカーの売上規模は、10年間で約4割拡大するなど業界の成長が続いている。かつては中国をはじめ外国製の安価な輸入製品によって、割高な国産タオルは市場から押し出され苦戦が続いていたが、近年は高付加価値・高品質タオルによるブランド戦略がうまく行き、今治タオルや泉州タオル(大阪府)などの産地ブランドが定着。低価格帯の汎用品から脱却し、ビジネスを成功させている。

「今治タオルや泉州タオルなどに代表される、各生産地は独自の品質基準を設けたタオルブランドを創造。贈答品用などを中心とした国産高級タオル市場を形成したことで、価格競争に左右されない収益の確保に成功した」
タオル市場が好調
タオル市場が好調

    と帝国データバンク。

   産地のブランド化以外にも、ベビー用品などでニーズが高いオーガニック原料を多用した環境配慮型のタオルや、手触りや吸水性に優れた高機能商品の開発など、メーカー各社の技術力を生かした高付加価値商品を生み出している。

   「こうした取り組みが、国産タオルの安心・安全・高品質という評価に繋がり、高価格帯でも売れる要因となっている」という。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中