2021年 5月 13日 (木)

台湾のコロナ封じ込めの立役者オードリー・タンの評伝

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   世界を襲った新型コロナウイルスの猛威を、台湾は封じ込めることに成功したことで知られる。これまでに500人未満の感染者と7人の死者しか出していない。中国からわずか130キロしか離れておらず、中国からの観光客も多く、ビジネスの往来も頻繁な台湾だが、なぜ、そうしたことが可能になったのか?

   いち早くマスクマップアプリを完成させ、マスクを流通させたのが、IT大臣の唐鳳(オードリー・タン)だ。

   本書「Au オードリー・タン 天才IT担当相7つの顔」は、その実像に迫った評伝である。巻末には特別付録「台湾 新型コロナウイルスとの戦い」も収められ、国を挙げての取り組みが詳しく書かれている。日本の経営者、ビジネスマンにとっても示唆に富んでいる。

「Au オードリー・タン 天才IT相7つの顔」(アイリス・チュウ、鄭仲嵐著)文藝春秋
  • 台湾は新型コロナウイルスの猛威を封じ込めた(写真は、台北の夜景)
    台湾は新型コロナウイルスの猛威を封じ込めた(写真は、台北の夜景)
  • 台湾は新型コロナウイルスの猛威を封じ込めた(写真は、台北の夜景)

天才児童は、ドイツで目覚めた

   2016年、35歳にして台湾のIT担当相になったタンは、逸話の多い人物だ。いわくIQ180、学歴は中卒、独学でプログラミングを学び、シリコンバレーで成功した起業家、1ページ0.2秒で資料を読む、トランスジェンダー、学生運動を支援する無政府主義者......。

   著者のコラムニスト、アイリス・チュウとライター・編集者の鄭仲嵐が、タン本人への取材、インタビューを通して、幼少期から現在までのタンの歩みを詳述している。

   タンはともに新聞社で働く両親のもとに生まれた。24歳まで生理学的には男性で、唐宗漢という名前だった。多くの本に囲まれて育ったタンは知的に早熟だった。小学1年生で連立方程式を解くほどで、教師が困り果てた。

   いじめに遭い、登校拒否になり、転校した。2年生のころ、家で「Apple Basics入門」という本を発見し、独学でプログラミングを学び始めた。4年生になり、父が留学していたドイツの学校に移ったのが転機になった。

「権力としての力ではなく、チームの力が、至るところにあった」

   伸び伸びと成長し、ドイツの名門中学校に進むか、アメリカの名門校に進むかという誘いがあった。しかし、タンは台湾に帰ることを選択した。

「ドイツの同級生は自分より学力は低くても、自分より大人で自身>自信??もある。どうして台湾の子ともたちはああで、ドイツの子どもたちはこうなんだろう? っていつも考えてた。台湾に帰って教育を変えたい!」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中