2022年 8月 9日 (火)

【お正月に読みたい一冊】テレワークで失礼にあたらない鉄板マナーとは?(尾藤克之)

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   東京都が実施した「テレワーク導入率緊急調査結果」によると、従業員30人以上の企業では、3月時点で24.0%、4月時点では62.7%に増加し、企業規模が大きいほど導入率も高くなる傾向が明らかになりました。

   今後もテレワークが浸透していくものと予想されます。マナーを守ってコミュニケーションを取るための使い方を押さえたいものです。

「超基本 テレワークマナーの教科書」(西出ひろ子著)プレジデント社
  • テレワークでオンライン会議も増えた
    テレワークでオンライン会議も増えた
  • テレワークでオンライン会議も増えた

ドタキャンをSNSで済まそうなんて言語道断!

   ビジネスの現場では、スピーディーな報連相が必要です。そのようなニーズから誕生したのが「ビジネスチャット」。気軽にコミュニケーションを取れること、そして、タスク管理やビデオ会議も可能なことから、多くの企業でビジネスコミュニケーションツールとして導入されるようになりました。

   著者の西出ひろ子さんは、

「メールでは『確認するまでに時間が空いてしまう』『かしこまった雰囲気があるので気軽に連絡できない』という人でも、チャットという手軽さから使い慣れていく人も少なくありません。ビジネスチャットを使用したり、ビジネス上でLINEなどのSNSサービスを使用したりする場合、しっかりとルールを守って運用しないとトラブルに発展するリスクがあります」

と、注意する。

「まず、個人アカウントを用いてビジネスで使用するとリスクが生じるため、避けたほうがよいとされています。ビジネスで使用する際には、マナーを意識する必要があります。自社内はもちろん、やりとりのある取引先がビジネスにおけるSNSの使用に関して、どのような規定を設けているのかを確認しなければいけません」

   西出さんは、直前でのキャンセルをSNS、ビジネスチャットで済ませようとするのは言語道断だと指摘します。親しい友人なら許してもらえそうですが、相手が仕事の関係者であれば、LINE などでの簡素な連絡は非常識といえるでしょう。

「相手によっては、常識外れな人と見なされることもあるので、SNSやビジネスチャットからの連絡だけでなく、電話やメールを使用すると気持ちが伝わります。また、直接会って、きちんと理由を説明して謝罪を求められることもあります。これらのツールは、いつでも気軽にやりとりできる性質上、相手の時間を奪ってしまいかねないので注意が必要です」
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学客員研究員。
議員秘書、コンサル、IT系上場企業等の役員を経て、現在は障害者支援団体の「アスカ王国」を運営。複数のニュースサイトに投稿。著書は『最後まで読みたくなる最強の文章術』(ソシム)など19冊。アメーバブログ「コラム秘伝のタレ」も連載中。
コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中