2021年 2月 28日 (日)

コンビニの次はコインランドリー フィットネスが「生活の一部」になる複合店舗の相性は?

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   東海エリアを中心に、24時間年中無休の総合フットネスクラブ「FIT‐EASY(フィットイージー)」を運営しているフィットイージー株式会社(岐阜市)は、今後の新たな複合店舗として「コインランドリー」に着目している。

   同社はすでにコンビニエンスストアのファミリーマートが展開している24時間フィットネスクラブ「Fit&GO」(全5か店)の事業を譲り受けることが決めている。

   フィットネスイージーの國江仙嗣社長に、その戦略を聞いた。

  • フィットネスクラブと相性のよい複合店舗は?(写真はイメージ)
    フィットネスクラブと相性のよい複合店舗は?(写真はイメージ)
  • フィットネスクラブと相性のよい複合店舗は?(写真はイメージ)

ファミマから事業譲受「コンビニ+フィットネスクラブ」

   フィットネスイージーは、安心・安全で楽しく汗を流せるフィットネスクラブを標榜している。

   最先端の独自開発による顔認証セキュリティの入館システム「顔パス認証」や、新型コロナウイルス感染症対策として、利用者(会員)の顔パス認証と連動した熱感知システムによる非接触での自動解錠システム。次世代の、24時間フィットネスクラブ初の大画面映像によるバーチャルバイクスタジオ「FIT‐RIDE」やフィットネススタジオ「FIT‐AERO」(一部店舗を除く)を導入したオンラインレッスン。また顔パス認証の活用で、利用者がスマートフォンから登録できる、来店いらずの入会システムを用意している。

   こうした取り組みが奏功して、このコロナ禍でも会員数を伸ばしているという。

   現在、12都道府県に66店舗を展開しているが、同社はかねてから2021年に店舗を全国に拡大することを計画。22年までに「200店舗」のオープンが目標だ。その中で、高い集客力が見込める「複合店舗」での出店を模索していた。

   コンビニエンスストアとの複合店舗は、その第1弾。大田長原店(東京都大田区)や関内店(横浜市中区)、仲六郷第一京浜店(東京都大田区)、福生駅前店(東京都福生市)、ポンテポルタ千住店(東京都足立区)の5か店の「Fit&GO」を、ファミリーマートから譲り受け、全国展開に弾みをつける。

   5か店の「Fit&GO」は2月末日までの営業で、店舗改装後の3月上旬にリニューアルオープンする予定。現会員は手続きなく、そのまま利用できる。

「人々にフィットネスの習慣づけをする、『生活の一部』となるフィットネスクラブを目指しています。これまでのFit&GOのサービスを継承しつつ、独自のサービスをプラスすることで、誰もがより快適に安心してトレーニングいただける環境を提供していきたい」

   國江仙嗣社長は、そう話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中