2021年 2月 28日 (日)

コロナ禍の出勤「不安がある」43.9% 意外に少ないのは「コロナ慣れ」のせい?

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   新型コロナウイルスの感染第3波の拡大を受けて、政府は東京都や大阪府、愛知県、福岡県などの11都府県に緊急事態宣言に発出した。2020年春に続く、2度目の発出に、政府や地方自治体は、7割を目標とした「テレワークなどの在宅勤務を推奨」している。

   そんななか、市場調査の日本トレンドリサーチが、ふだん出勤している人(完全出勤)や一部出勤・一部テレワークの人に「出勤することに不安があるか」聞いたところ、「不安がある」と答えた人が43.9%にのぼったことがわかった=円グラフ参照。2021年1月20日に発表した。「不安がない」は34.9%、「どちらとも言えない」は21.3%だった。

   インターネットにも、

「知人が発熱して、とりあえず自宅待機になったことを職場に伝えると『出勤してください』と。接客業なのに大丈夫かな?」
「コロナ感染の恐怖を感じながら明日も都内へ出勤。自宅待機はいつ?」
「今日も元気に出勤だ! 電車、バスで毎日怖い。コロナ疑いの人多いし、でも検査してもらえないし。現場の役員はリモートワーク。もしコロナになって家族に何かあったら絶対会社恨むわ」

といった不安の声がみられた。

  • 「密」にならないように通勤……
    「密」にならないように通勤……
  • 「密」にならないように通勤……

テレワークでも「外の空気が吸いたい」......

kaisha_20210122164359.jpg

   出勤することに「不安がある」と答えた人に意見を聞いたところ、

   ふだんから毎日のように出勤している完全出勤の人(n=643人の41.8%)は、

「やはり満員電車は怖い」(40代男性)
「もちろん会社としてもコロナ対策はしっかりしているが、全員がそれらの対策をきちんと守ってはいないため」(50代男性)
「事務所の出勤率は100%なので、誰かが罹っていたら全滅だと思う」(30代女性)

といった声があった。

   一部テレワーク、一部出勤の人(n=212人の50%)でも、

「通勤電車での感染。出社時は8時半前後の乗車で比較的乗車率は高くないが、帰宅時は満員電車で、いくら全員がマスクをしていても感染を回避することは困難と感じる」(40代男性)
「通勤すると、どうしても人と話すことになるので」(60代男性)
「どこにいても感染しそう」(50代男性)

とのことだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中