2021年 3月 5日 (金)

2020年のノートPC、コロナ禍の「オンライン特需」で過去最高の出荷台数

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   新型コロナウイルスの感染拡大に見舞われた2020年。テレワークなど在宅勤務が進んだことで需要が拡大して、ノートパソコン(PC)の出荷台数が過去最高となった。エレクトロニクス機器の業界団体、電子情報技術産業協会(JEITA)が2021年1月26日に発表した。

   昨年のノートPCの国内出荷台数は、前年比25.1%増の894万5000台で、8年ぶりに更新した。

  • デスクトップの減少分補って余りある需要(写真はイメージ)
    デスクトップの減少分補って余りある需要(写真はイメージ)
  • デスクトップの減少分補って余りある需要(写真はイメージ)

出荷額は減少

   デスクトップを含めたパソコン全体の2020年の出荷台数は、7.4%増の1045万5000台。1000万台を超えたのは6年ぶりだった。

   2020年のパソコンの出荷台数をめぐっては、米マイクロソフトの基本ソフト(OS)ウィンドウズのサポート終了に伴う買い替えが終わって、とくに事務所で使用されるデスクトップの需要減が続いていた。

   しかし、コロナ禍で大企業などがテレワークを推進して、場所を選べず使えるノートパソコンの需要は上向きに。また、小中学校で生徒1人に1台学習用端末を用意する「GIGAスクール構想」で、地方自治体からの需要が増えたこともノートPCの需要を後押しした。

   ノートPCは2020年、3月、5月、7月を除いた各月で前年と比べて増加。デスクトップは1月だけが前年比で増え、他の月は50%以上の減少が目立った。12月をみると、パソコン全体の出荷台数は前年同月比67.6%増の161万3000台で、このうちノートPCが1490万台(前年同月比116.2%増)を占めた。デスクトップは、12万2000台(同55.2%減)だった。ノートPCの勢いのスゴさがわかる。

   2019年のパソコン出荷は種類別でも全体でも各月とも前年を上回っており、当初2020年はその反動減が予想されたが、GIGAスクール構想やコロナ禍で特需が生まれた格好になった。

   しかし、売れ筋が比較的安いノートPCだったことから、出荷額は1.8%減の724億円だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中