2021年 2月 28日 (日)

携帯大手、料金値下げでも「乗り換え」は進まず? ユーザーの反応鈍く

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

大手3社、長期契約者多く

   NTTドコモの新料金プラン「ahamo」は月額2980円。2021年1月にKDDIが発表した「povo(ポヴォ)」は2480円、ソフトバンクは「SoftBank on LINE(2980円)」を発表しており、大手3社は相互に出方をうかがいながら、値下げプランを用意。いずれもデータ容量20GBで、既存プランからは大幅に値下げを図り、ユーザーの期待に応える道を探っている。

   楽天モバイルは20年4月の新規参入から、20GBで月2980円の価格を打ち出しており、大手3社の値下げを受けて、ワンプランから、小容量ユーザー向けに値下げすることを発表している。

   大手3社の値下げで利用者意識が変化することも予想されるが、いまのところではどうだろうか――。「携帯電話サービス会社の乗り換え意向」を聞くと、3748人のうち、「乗り換え意向がある」のは22.6%と2割ほど。およそ8割は「乗り換えの意向はない」(2901人=77.4%)と答えた=下図参照

   過熱する値下げ競争とは対照的に、ユーザーは乗り換えに積極的ではないことが示された。

ユーザーの乗り換えの意向は......
ユーザーの乗り換えの意向は......

   その理由を聞くと、37.5%のユーザーが「手続きが面倒」、32.1%が「今の会社で満足」と答えた。

   楽天モバイルや格安SIMのユーザーにとっては、料金の点からは乗り換えに利点はない。また現状で月額料金が「2000円以上4000円未満」のユーザーが最も多い大手3社の利用者は、「10年以上」の長期契約者が6~8割を占めており、料金に満足していないといっても、値下げプランが出たからといって、それとばかりに飛びつく状況にはないようだ。

   調査では、大手3社を「契約年数」でみると、「10年以上」の継続利用がNTTドコモで81.5%、KDDIで64.9%、ソフトバンクが57%と、長期優待割引などもあることから、10年以上の継続率が高かった。

   なお調査は、2021年1月21~25日に、インターネットで実施。スマートフォン・携帯電話を契約している3748人から回答を得た。回答者の平均年齢は53歳だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中