2021年 9月 25日 (土)

「一寸の虫にも五分の魂」格安スマホ「IIJ」が大手3社に真っ向勝負! ネットで巻き起こる「頑張れ」エール

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

「横並びでなくプランに個性を出してくるのは良い傾向」

「やっぱり4GBあれば足りるよねえ。家族3人でファミリーシェアプラン12GBでさえ持て余していた。ウチは4+2+2にして容量をシェアするつもり。月内の容量足しも、コース変更もカンタンにできるみたいだし」
「ホントIIJ は昼休みが遅い、キャリアの格安プランに変えようと思っていたところ。ただ今は在宅でほとんど使わんし、2GBが格安なのはうれしい。もうしばらくIIJ 続けよう。うまいプランだわ」

   一方で、大手の回線を借りている現状から、データ使用量が多い昼休みの時間帯などに速度が落ちるなど、不満の声があるのも確かだ。

「IIJは朝と昼の速度が落ちるので、この差をどう見るかだな。私は基本12時~13時しか使わないので、全く速度が出ずにYahoo見るだけでも数十秒かかったので結局キャリアに戻した。大手と価格差がほぼないから、せめて速度保証があるプランのほうが良かった」
「IIJ 使っていたけどお昼がまったく使い物にならなくて止めた。大手が値下げしたから、今までの安かろう悪かろうは厳しいと思う」

   今回の新プラン発表によって、さらなる値下げの動きが活発化する期待が高まっている。

「横並びでなくプランに個性を出してくるのは良い傾向ではないでしょうか」
「ahamo・UQ・LINEMOなどによる大容量プランの値下げ競争だけが過熱している昨今、小容量プランで1000円を切る商品が出るのは魅力的。私の家ではネット回線を引いているので、SIMのデータ容量は少なくて十分。他の事業者も巻き込んで小容量の価格競争が加速して欲しい」
「格安スマホの各社の新プラン、やはり月20GB未満まででの楽天との棲み分けを狙った料金構成が多いですね。1GB~20GBは格安スマホ、1GB未満は楽天が最安(0円)となると、大手3社のもう一段の対抗もあるのかしら?」

(福田和郎)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中