2021年 4月 16日 (金)

アパートメントホテルが「ニューノーマル」 大阪のリーガロイヤル月15万円から長期滞在プラン

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ロイヤルホテルやリーガロイヤルホテルなどを運営する株式会社ロイヤルホテル(大阪市)は、大阪市にあるリーガロイヤルホテルで30泊のプランを含む、長期滞在プランを2021年3月から販売する2月19日の発表。

   新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ利用の回復を目論見て新たな需要を掘り起こすのが狙い。帝国ホテル東京(東京都千代田区)が、コロナ禍対策のビジネスとして「サービスアパートメント」の提供を発表して以来、高級ホテルが次々と長期滞在プランを打ち出しており、ホテル業界の「ニューノーマル」の一つになってきた。

  • 長期滞在プランを設定したリーガロイヤルホテルの客室イメージ
    長期滞在プランを設定したリーガロイヤルホテルの客室イメージ
  • 長期滞在プランを設定したリーガロイヤルホテルの客室イメージ

専用フロアにユーティリティールーム設置

   リーガロイヤルホテルの長期滞在プランは「Home Hotel(ホームホテル)」。ウエストウイング6階の38室とタワーウイング14階の23室の計61室を長期滞在専用フロアとして提供する。ウエストウイングのシングル(定員1人、31室)で、5泊=3万5000円、月額(30泊)=15万円(いずれも諸税・サービス料を含む)。

   ほかに、ツイン(定員2人、7室)=月額25万円、スタンダード(定員2人、12室)=月額30万円、デラックス(定員2人、8室)=月額40万円、エグゼクティブ(定員2人、3室)=月額50万円を用意した。

   2021年4月1日から9月30日の宿泊まで利用可能で、3月1日から予約を受け付ける。10月以降の利用は、検討中。

   宿泊プランは「シンプルプラン」と「デラックスプラン」の2タイプ。ウエストウイング6階フロアを専用フロアとする「シングル」と「ツイン」は、長期出張向けの「シンプルプラン」。タワーウイング14階フロアの各室を使った「スタンダード」「デラックス」「エグゼクティブ」は、高層階客室専用のカフェラウンジやプール、大浴場などが利用できる「デラックスプラン」だ。

   各専用フロアに、ランドリーや電子レンジ、オーブントースターを自由に利用できるユーティリティールームを設置。フロアにはセキュリティシステムを導入した。また、荷物やメッセージの預かり、宅配の手配などの24時間対応のフロントサービスに加え、駐車場無料など「ホームホテル」として快適に過ごせるよう環境を整えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中