2021年 9月 22日 (水)

ネット広告が「マスコミ4媒体」に匹敵する規模に 2020年の広告費

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   インターネット広告が、テレビとラジオ、新聞、雑誌の「マスコミ4媒体」に匹敵する規模に成長したことが、電通の「日本の広告費 2020年」調査でわかった。を2021年2月25日の発表。ネット広告費は、2019年に初めてテレビを上回り話題になったが、2020年はコロナ禍の巣ごもり生活で生まれた需要の影響で、さらに伸びた。

  • コロナ禍に見舞われた2020年の広告費は、巣ごもり需要の影響でネットが拡大した
    コロナ禍に見舞われた2020年の広告費は、巣ごもり需要の影響でネットが拡大した
  • コロナ禍に見舞われた2020年の広告費は、巣ごもり需要の影響でネットが拡大した

マスコミ4媒体、ネットともに2兆2000億円規模

   「日本の広告費」は、「マスコミ4媒体」、「インターネット」のほか、屋外広告や交通広告、折り込み、ダイレクトメールなどの「プロモーションメディア」と、大きく3分類される。

   調査によると、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、外食や旅行関連業界をはじめ、広告クライアントである企業の業績悪化、イベントや販促キャンペーンの延期・中止に伴い、マスコミ4媒体とプロモーションメディアでの減少が大きく、国内の総広告費は減少。2020年は前年比11.2%減の6兆1594億円だった=上表参照

   前年比マイナスは、東日本大震災に見舞われた2011年以来9年ぶり、減少幅はリーマン・ショックの影響を受けた2009年(前年比11.5%減)に次ぐ規模だった。

   2020年のマスコミ4媒体の広告費は、前年比13.6%減の2兆2536億円。前年比マイナスは6年連続。19年の前年比3.4%減(2兆6094億円)から、下げ幅も大きく拡大した=下表参照

   「新聞広告費」(前年比18.9%減)、「雑誌広告費」(27%減)「ラジオ広告費」(15.4%減)、「テレビメディア広告費」(11%減)と4媒体とも、すべて大きく前年割れした。

   プロモーションメディア広告費は、前年比24.6%減の1兆6768億円。19年の前年比7.5%増(2兆2239億円)の好調から一転して冷え込んだ。各種イベントや従来型の広告販促キャンペーンの延期・中止に加え、外出や移動の自粛も影響して通年で減少した。特に「イベント・展示・映像ほか」「折り込み」などが大幅に減少した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中