2023年 1月 30日 (月)

株価一気に3万円割れ 長期金利の動向を注視(3月1日~5日)【株と為替 今週のねらい目】

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

東京外国為替市場 ドル円は底堅く

ドル・円予想レンジ:1ドル=106円00銭~107円50銭

2021年2月26日(金)終値 106円58銭

   今週の外国為替市場でドル円相場は、底堅い動きか。

   前週のドル円相場は、ドルが強含みに推移した。一時1ドル=106円台後半まで上昇し、2020年9月以来の水準まで上昇した。米国の長期金利の上昇により、ドル買い・円売りが優勢となった。

   今週のドル円相場は、底堅い動きか。米国の長期金利の上昇が、ドル上昇の要因になっており、米国の長期金利が低下しなければドルの強地合いに変化はないだろう。

   米国の長期金利上昇の背景には、米国の景気回復への期待感がある。FRB(米連邦準備制度理事会)のパウエル議長は、2月23、24日の議会証言で、米国の物価目標達成には3年以上かかるとの見方を示したが、新型コロナウイルスのワクチン接種の進展と追加経済対策への期待感から、米国の景気回復への期待が強まっている。

   経済指標は、国内では1日に2月の新車販売台数、2日に1月の完全失業率と有効求人倍率、10~12月期の法人企業統計などが予定されている。

   海外では、1日に中国の2月の財新製造業PMI、米国の2月ISM製造業景気指数、3日に米国の2月ADP雇用統計、米国の2月ISM非製造業指数、5日に米国の2月雇用統計などが予定されている。

(鷲尾香一)

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中