2021年 9月 21日 (火)

コロナはAIで撃退できる!? ワクチン開発、3密対策で奮闘中

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

コロナ禍のアマゾンでいち早く導入

   コロナ禍で進んだAIの「社会実装」は、医療関係ばかりではない。感染拡大を防止するためにAIを利用する取り組みもさまざまに行われている。

   感染拡大防止策として社会に広く浸透したことの一つにソーシャルディスタンスがある。人と人との距離を2メートル程度開けることを推奨する。そこで、このソーシャルディスタンスが適切に取られているかをチェックするAIが開発された。

   企業の代表的な導入例はアマゾンだ。物流センターでソーシャルディスタンスが確保されているかどうか、チェックするためだ。コロナ禍の自粛生活でECを使った物品購入が増え、アマゾンの注文量が増加。それにより業務が増えた物流センターの従業員の健康のため、ソーシャルディスタンスの維持に努める必要があった。

   アマゾンでは、防犯カメラの画像をAI解析することで、従業員間の距離が近くなった場合に警告を発するシステムを開発。2020年3月から運用を開始した。このシステムでは密集を検知することができ、カメラの映像のなかに15人以上映ると警告を発するようになっている。

   コロナ禍のなか、AIを使った密集検知のシステムはこのあとさまざまなソリューションが開発され、感染拡大防止に貢献。人が集まる場所はほかに、AIシステムを使った店舗や施設の混雑状況の配信サービス、検温とそのデータ管理、またマスク着用・非着用をAIで検知する装置も実現している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中